熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

経営学修士|経済学と経営学、そして商学は何が違う?

   

経営学修士というと、ビジネスの世界ではビジネスに関する体系的な理論を学んだ証となります。

しかしながら、人によっては経営学ではお金に関することを学ぶという認識があると思います。そうすると、経済学や商学が思い浮かんでくる人もいるかと思います。

では、経営学と商学、経済学は一体何が違うのでしょうか?

経営学修士シリーズとして記事をお届けしています。
今回は、経営学と経済学、商学の違いについてです。

切り口は様々ある

初めから答えを言ってしまうと、

正解はありません。

なんだこれ、と思うかもしれませんが、それぞれの学問の厳密な定義などがない以上、唯一の解はありません。しかしながら、さまざまある切り口を見ていくことはできます。

ということで、以下では様々な切り口をご紹介していきたいと思います。

思考法か領域か

学問の分類をするときに、様々な分類の仕方があります。
ですが、現在の大学にある学問を大きく分けると2つの種類で分類することができます。

その一つが、思考法を元に名付けられた学問、もう一つが領域を元に名付けられた学問です。

ちょっと分かりにくいので、具体例で考えます。

思考法を元の名付けられた学問は、その分析の方法、思考パターン、原理などを適用できる分野という定義の仕方がされます。

例えば、理学系の学問、数学、化学、物理などは好例だと思います。それぞれの学問の枠組みの中で、論理的な矛盾なく説明、記述することができることが何よりも重要です。そしてそれが学問を定義づけている大きな要因です。

一方、領域型というのは学問の対象領域で定義されている学問です。

例えば、工学系の中でも原子力学科などは原子力に関することを社会政策、法整備、理学的の原理から、実際に動くようにするための設計、製造技術など、原子力に関することは様々研究されています。

この考えで行くと、経営学、商学は領域型、経済学は思考型となります。

経済学は、経済学で用いられる様々な枠組みを用いながら世の中のお金や富の動きを記述することを目指しています。

一方、経営学、商学は領域で定義されます。経営学は、一企業が利益を出していくために必要なことを学びます。すなわち、ミクロ・マクロ経済学、戦略論、オペレーション、会計、ファイナンスといった内容です。ということで、経営学の一部では経済学の一部を学ぶことになります。逆にオペレーションなどは、普通は経済学で学ぶことはありません。

商学も同様です。やはり対象は一企業です。学ぶ内容もかなり経営学に近くなります。ミクロ・マクロ経済学、戦略論、オペレーション、会計、ファイナンスといったことを学びます。

しかも、日本においては商学部の方が経営学より長い歴史を持っています。もし大学に商学部か経営学部があると、商学部の場合は創立が比較的早いことが多いです。

経営学と商学の違いは?

さて、そこで気になるの商学部と経営学部の違いです。

まず1つ目は歴史です。

商学部の方が歴史は長くなります。ちなみに、日本で私大の最古の商学部は1904年の早稲田、明治、日大だそうです。

一方、経営学部は1949年の神戸大学が最古です。とはいえ、この設立に関して前身となったのは神戸高等商業学校なので、商学が経営学と大いに関わっていると言えるでしょう。

二つ目の違いは着目点です。

商学の商の時は「あきない」という意味です。

すなわち交換・トレードを元に発展した学問だということができると思います。マーケティングやファイナンス、アカウンティングに力を入れていることが多いです。

一方、経営学はより「企業」に着目していると考えられると思います。企業を上手く管理するためには、商い、すなわち交換も重要ですが、それに加えて、どのように組織を運営していくか、どのように効率的に生産していくかということがとても重要です。

このように、各学問の着眼点が異なるということができます。

しかしながら、近年は学問療育がよりダイナミックに変化し、どちらもより近づいていると思います。

イメージをまとめると

主体が何かを明確にすると、とてもイメージが付きやすいと思います。

経済学部
「市場」を対象として、経済学の思考手法を用いて、どのように動くかを「分析」する学問

経営学部
市場の一部である「企業」を対象として、その管理を「分析」し「運営」するための学問

商学部
市場の一部である「企業」の中でも、交換・トレードを対象とする学問

しかしながら、どの学問も学問領域が大きく変化しており、より重なる部分が出てきています。

行動経済学などは、経営学だけでなく政策などにも適応されています。

 - MBA受験 , , , ,