熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【体験記】カリフォルニアでの日本食事情―アジア系スーパー編

      2016/01/05

カリフォルニアに住んでも、日本食から離れるのはなかなか難しいと思います。日系人が歴史的に多いカリフォルアには、日系のスーパーマーケットが多くあります。それについてはこちらの記事にまとめました。そして、カリフォルニアに多いのは日系人だけではなく、アジア系が多く住んでいます。したがって、日系スーパーだけでなく、アジア系スーパーも多く入ってきています。このアジア系スーパーを利用しない手はありません。

ということで、前回の記事では日系スーパー編をお送りしましたが、今回はアジア系スーパー編について、日系スーパーと比較しながらお伝えします。

アジア系(韓国・中国)スーパーはかなり便利!

品ぞろえが良く、野菜、鮮魚、精肉が日系より安いことが多い

まず、野菜、鮮魚、精肉関係は、あくまで熊の印象ですが日系スーパーより安いと思います。もちろんすべての商品が安いということはありませんが、全体の傾向として、です。

そもそもアジア系スーパー(中華系、韓国系)と日系スーパーどう違うのか、ということですが、品ぞろえに関しては意外と同じような商品が並んでいます。

野菜などは、日本では普段お目にかからないような野菜もありますが、半分以上は日本でもよく見る野菜です。そして重要なのは、このうちのある程度は、アメリカ系のスーパーではなかなか手に入らないということです。

アメリカ系のスーパーでは、キノコと言えば大抵Maushroomと、置いてあってシイタケなのです。ですが、アジア系のスーパーではシメジやマイタケ、エノキやエリンギが置いてあることが良くあります。そして、熊の知らないキノコがあることもあります。

他にも、野菜だとチンゲン菜なんかも比較的容易に手に入ります。アメリカ系のスーパーだとよほどアジア系の食材に力を入れている店でなければ手に入らないと思います。

そして、これらの野菜の値段が日系スーパーと同等か、若干安いように思います。

鮮魚についても同様です。かなり知っている魚が並びますが、一部全く見たことのないような魚もアジア系スーパーに並んでいます。日系では大抵裁かれて、パッケージにして売っていることが多いのですが、アジア系では生け簀に入っていることがままあります。注文をその場でして、その場でさばいてもらったりします。

お肉はさすがにパッケージに入っています。
アメリカ系スーパーとの最大の違いは、薄切り肉があることです。アメリカ系のスーパーでは比較的安く、牛、豚、鶏と手に入るのですが、どれも厚切りなのです。

しかしながら、日本人が生姜焼き作ろうと思うと、ある程度薄く切ったお肉が欲しいわけです。あるいは、シャブシャブをしようと思うと、薄切り肉が必要なわけです。

日系スーパーでも手に入りますが、アジア系スーパーでも手に入ります。日系スーパーよりも価格も選択肢も豊富なことが多いです。

日本の物も安く手に入ることがある

アジア系スーパーと言いながら、実は日本の製品が結構売られています。お菓子コーナーに行くと、日本語がパッケージに改定ある商品がいっぱい並んでいますし、カップラーメンなどの加工品のコーナーでも、かなりの日本語を見ることができます。

食品だけではありません。スーパーと言いながら、かなりの衛生用品や家電も販売しています。

シャンプーやリンス、歯ブラシなどを日本の物を買いたいと思うと、アジア系スーパーでも意外と手に入ります。そして価格は、日系スーパーと同等か、若干安いかなという印象です。

中華系の物、韓国系の物も品ぞろえが多く廉く手に入る。

そして最後に、中華系、韓国系の物も手に入るという魅力があります。

意外と中華系の商品、韓国系の商品、食べてみるとおいしいものいっぱいあります。熊のお気に入りは中華系スーパーで売っているライチジュースなのですが、中国人の友人に言わせると結構メジャーな飲み物だそうです。

甘~いライチの味がするのですが、疲れているときについつい飲みたくなる甘さで、いつも熊の冷蔵庫のストックに入っています。

韓国系だと、キムチの品ぞろえには感心してしまいます。

日本だと納豆だけで6種類も7種類もあると思います。極小粒豆を用いているとか、梅の入ったタレがついているとか、ふわふわした食感などで、差別化されています。韓国のキムチも同様に様々な個性があって面白いです。

最初に大きな業務用冷蔵庫一列がキムチで占められているときは、ただただびっくりしてしまいましたが、味だけでなく大きさにも小瓶サイズから5リットルくらいのバリエーションがあります。

このように、日本人でも中国のものや韓国のものでお気に入りになるものはあると思います。こういったものを手に入れるためには、アジア系スーパーは絶好の場所です。

ここがいい!アジア系(韓国・中国)スーパー

Zion Super Market

韓国系スーパーのZion(ザイオン/シオン)です。やはりカリフォルニアやハワイを中心に出店しています。

韓国系スーパーですが、熊は非常にお世話になっていました。というのも、ここで買うと決めているアイテムがいくつかあったからです。

まず、肉です。

肉といっても味付き肉です。韓国系のスーパーには大抵ピリ辛ウマの味付き肉が量り売りで売られています。

アメリカではBBQをよくやるのですが、その時この韓国肉を焼くとうまい!です。辛さの中にちゃんと旨味が出ていて、病みつきになります。ということで、熊のお気に入りでした。

他に熊がいつも買うものに海苔とキムチです。これらは韓国食材の代表格だと思うのですが、とにかく種類があります。そして美味しいのです。キムチだけでも数十種類あるので、韓国人の友人に聞きながらこれがおいしい、あれはおいしくないと色々挑戦してみました。

韓国海苔も同様です。日本にいるときはそれほど食べなかったのに、気が付けば韓国海苔が食卓に必須となっていました。ゴマに工夫がして会ったり、ちょっと違うフレーバーが入っていたりなど、色々なバリエーションがあり、とても楽しめました。

99 Ranch Market

中華系スーパーのチェーン店で、カリフォルニアに多く出店しています。

99 Ranchの良い点は思いのほか日本の商品が多いことです。中華系スーパーと言っていますが、実際にはアジア系スーパーを目指しているのではないかという品揃えです。

おでんのネタなどは当然売っていますし、ひと昔前に流行ったおかずのラー油なども当たり前のように置いてあります。お酒もメジャーなものは大抵置いてあります。

日系スーパーの方がより痒い所に手が届くのは事実ですが、99 Ranchでもかなりの日本の商品が揃うと思います。

そして、熊が99 Ranchが好きな理由の一つは海鮮系を生け簀で置いていることです。その場で新鮮な魚を見て買うことができるのは、良い売りの一つだと思います。(混んでいるときに注文するのが大変というデメリットもありますが・・・)

他に、中華系の物の中でもお薦めなのが、パンとお菓子です。

以前の日系スーパーの記事でもお伝えしましたが、アメリカとアジアのパンはどうも概念が違うようです。アメリカのパンはゴツクしっかりしているものが多いように思います。フランスパンの系統とでもいうのでしょうか。

一方、アジア系のパンは柔らかくフワフワしているのが基本です。食パンでもソフトなことを売りにしていますし、バターロールのようなパンも簡単にちぎれるような食感です。

中華系スーパーの多くはベーカリーを併設しており、そこでパンを焼いています。ここのパンは日本人の口に合いやすいと思います。また、このベーカリーで月餅を代表とした中華菓子も作っています。できたてのゴマ団子を食べることができたりして、ホクホク楽しむことができます。

まとめると

日系スーパーに加えて強力な味方であるアジア系スーパーの特徴をお伝えしました。

 - 日常 , , , ,