熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【体験記】カリフォルニアでの日本食事情―日系スーパー編

      2016/01/05

カリフォルニアに住んでも、やっぱり恋しくなるのは日本食。幸いなことにカリフォルニアは日本人が多く住んでおり、日本食を手に入れることはそれほど難しくありません。そんなカリフォルニアの日本食事情についてお伝えします。

日本食を食べようと思うと、自炊するかレストランに行くかですが、今回は自炊編。日系スーパー編です。

ここが基本、日系スーパー

驚きの品ぞろえ!期間限定のお酒も

はっきり言って、日系のスーパーには大抵のものはあります。ちょっと田舎や都心の小さなスーパーよりも比べ物にならないほど品揃えは良いと思って良いでしょう。

鮮魚から精肉、日本の野菜や果物に、醤油みりんから柚子胡椒までの日本の調味料。納豆などの加工品からお酒やお茶まで揃っています。

熊が初めて行った時には、ただただその品ぞろえにビックリしてしまいました。10年ほど前に旅行先で見た田舎の日系スーパーは必要最低限しか揃わなかったのですが、カリフォルニアならば大抵のものは揃います。

魚はマグロやシャケといった定番ものから、ウナギなどの日本独特のものまで大抵のものはあります。どうやら、近海でとれるものはそこで購入し、なければ輸入しているようです。考えてみると日本のスーパーも魚介のかなりは輸入物なので、納得です。

精肉はとても重要です。なぜかというと、薄切り肉が手に入るからです。

アメリカのスーパーでも、基本の牛、豚、鶏の肉は手に入ります。しかしながら、大抵塊か分厚い状態でしか売っていないのです。頼めば薄切りにしてくれるところもあるのですが、いちいちお願いするのが面倒です。

それに比べると、日本食でよく使う薄切り肉が手に入る日系スーパーは便利です。シャブシャブなども簡単にできますし、肉じゃがを作るときも自分で薄切りせずに済むのでとても助かります。

お酒、特に日本酒と焼酎の品ぞろえはさすがです。有名な日本のお酒は大抵入荷されています。久保田の万寿や森伊蔵などの高級酒もいつもではないですが、入っているようです。期間限定の赤霧島なども相当数入ってきていました。

ありがたいのはお惣菜コーナー、デザートコーナーが充実していることです。日本のコンビニの変わりとまではいきませんが、ちょっとお弁当食べたいな思った時に、とんかつ弁当やシャケ弁当、ハンバーグ弁当といった定番のものがすぐに食べられるのはとても嬉しいです。

アメリカのデザートはどうしても甘いのですよね。アメリカだとカップケーキなどのケーキは大抵甘~~いバタークリームで、フワッフワのさっぱりしたホイップクリームのケーキを食べたくなるのですが、日系スーパーに行くと日本のホイップクリームのフレッシュケーキを食べられます。

他にも、大福やみたらし団子などの和菓子屋から、シュークリームやプリンといったものまで購入することができます。スーパーによってはデザートの独自ブランドを持っているところもあります。

また、歯ブラシやシャンプーといった衛生用品、薬、家事家電などを置いているところも多くあります。これらのコーナーに置いてあるのはたいていが日本の商品です。どうしても、痒い所に手が届いてほしいアイテムについては、日本の商品を購入することができます。

価格はどう?やはり高め?

価格についてはどうでしょうか?

まず気にするのは、輸入品か現地生産品かです。

パッケージに日本語で商品名が書かれていても、案外現地生産品はあります。カリフォルニア米などは最たるものでしょうし、醤油などの調味料の一部、カップヌードルなどの加工食品の一部なども実は現地生産品だったりします。

こうした現地生産品は日本のものに比べると高いことが多いですが、それでも輸入品に比べればずいぶん安いと思います。イメージとしては日本の1倍~1.5倍程度の価格でしょうか。もちろん為替の影響も多分にあります。2016年は1ドル120円前後のことが多いので、そうするとやや日本よりも物価は高いかなと感じると思います。

一方、輸入品はどうでしょうか?

日本からの輸入品はやはり高めになります。特に衛生用品は顕著です。熊は日本の細い毛の歯ブラシが好きなのです。日本で買うと1本200円くらいですが、こちらで買うと1本7ドルくらい、つまり840円くらいになります。他に、シャンプーなども日本のものを使いたいという女性はいると思うのですが、やはり日本の倍近くすると思っておいていいと思います。

逆に安くなるものもあります。

代表例がビールです。キリンとアサヒがアメリカで現地生産しています。熊の周りの評判だと若干味が違うとの声もありますが、とにかく安いです。日本だと350mlが1缶200円ぐらいですが、こちらだと350mlの24缶で15ドル+Taxくらいで売られていることがあります。1缶に直すと80円くらいです。

これは酒税の関係で日本のビールの値段が非常に高いということが分かります。

どんなお客さんが多い?客層

お客さんは様々なです。日系スーパーなので、日本人ばかり、もしくは日系人ばかりかと思うかもしれませんが、意外と日本人以外の方もいます。よく見るのは中国の方で、意外と中国語を聞くことができます。

日系スーパーチェーン店

カリフォルニは大きな日系スーパーチェーンが3つあります。Nijiya、Marukai、Mitsuwaです。それぞれを見てみましょう。

Nijiya

この3チェーン店の中では、最も高級志向のお店です。イメージとしては成城石井などのような感じでしょうか?(そこまでオシャレではありませんが・・・)

オーガニックを非常に押していて、Nijiyaのプライベートブランドも大抵「オーガニック○○」というように有機であることを強調しています。

その分価格もお高めですが、品質にこだわりを持ったスーパーです。小さな赤ちゃんがいて有機の日本野菜が欲しいとなると、Nijiyaが第一候補になると思います。

Nijiyaは日本のパンも置いていて、とても助かります。アメリカのパンは日本のパンと違い、フワッとしているというよりも、ガシっとしているものが多いです。どちらかというとパサパサしがちです。そこでこのような日本のパンがあるととても助かります。

また、熊個人はお惣菜がおいしくて、綺麗だと思います。あまりアメリカナイズされておらず、日本人が食べたい日本のお惣菜を食べることができます。

デザートも、Kobeファクトリーなるブランドで売り出しています。ショートケーキやシュークリームなどの日本の味が恋しくなると、こちらで購入することができます。

Marukai

メンバー制を取っているのがMarukaiです。

Marukaiメンバーになると、広告の商品などがその値段で買えるようになります。1年ごとに更新で、5回も来れば元を取るのではないでしょうか。

他のスーパーに比べると比較的値段が抑えられており、日本の食材を安く手に入れたい!という方には必須の日系スーパーです。他のスーパーに比べると、日本の衛生用品や日本のカルチャー用品(プラモやフィギア、東急ハンズ的な文房具など)なども豊富にそろえてあり、店舗によっては別館として運営しているようです。

また、様々な会社と提携を結んでいるようです。Sanrioの商品を大々的に売っていたり、ワンピースのフィギアや仮装グッズなども置いてあります。また、100円均一(1.5ドルですが)の商品も多数あります。

2015年にあのドン・キホーテに買収されたようで、今後はよりバラエティに富んだ商品展開をしていくのだと思います。日本のスーパーに特化するのではなく、日本の文化を発信しようとしているお店だと思います。

Mitsuwa

この3チェーン店の中で、熊個人は最もアメリカナイズされている雰囲気のお店だと思っています。

品ぞろえや価格帯などはNijiyaとMarukaiの中間くらいではないでしょうか。

Mitsuwaの大きな特徴は、モール形式になっているところです。Mitsuwaが入っている店舗のすぐ隣に、フードコートがあったり、日本語で契約できる携帯屋さんがあったり、日本的雑貨屋さんが一緒に入っていたりします。

特にフードコートは強力です。ロサンゼルスのMitsuwaには、ラーメン山頭火がありますし、日本にある天丼屋さんである半之助が店舗を構えています。他にもお好み焼き屋さんや海鮮丼が食べられるお店など、日本を楽しむのにうってつけの店舗展開をしています。

まとめると

カリフォルニアの日系スーパーの品ぞろえや価格についてお伝えしました。

3大チェーン店のNjiya、Marukai、Mitsuwaについてもお話ししました。

 - 日常 , , , , , , , ,