熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

中古車個人売買の具体的な手順@カリフォルニア

      2016/01/05

アメリカ(カリフォルニア)留学や駐在となると、まず初めにやらないといけないことの一つに車の入手があります。

車の入手には、リースやローン、チェック支払いなど様々ありますが、アメリカに来たばかりの学生にはクレジットヒストリーがないので、リースやローンは現実的な選択肢ではありません。

そして、購入の対象も新車は中古車、さまざまあります。
もし中古車を購入する場合には、新車に比べると故障などのリスクは上がりますが、その分低価格で入手することが可能になります。しかしながら、そのリスクを低減するために様々な手法を取る必要があります。

免許取得&車購入シリーズとして、免許の取り方から車の購入方法などについてお伝えしています。

今回は、中古車の購入の手法、特に個人売買の際の具体的な手法についてお伝えいたします。。

個人売買のポイント

手順のポイントは、しっかりとした情報収集と、自分の目で見て確認することです。その目的は以下のとおりです。

1.メンテナンスなどの情報を得て、故障のリスクなどを低減する
2.適正価格を調べて、適切な値段で購入する

もし自動車の整備に関する知識がしっかりとあれば何も問題ありませんが、ほとんどの場合、そうではないと思います。そんな時は、インターネットを活用して、必要な情報、交渉に有利となる情報をあつめ、できる限りリスクを減らすことをお薦めします。

具体的には、修理歴などをCar Faxというサイトで調べます。もしくは売り手側に、CarFaxのデータを出すようにお願いします。この情報を得ることで、過去にこの車がどのような修理を行ったかが分かります。

そして適切価格については、Kelly Blue Bookで各都市のすべての車種の適切価格を調べることができます。

また、交渉の実物確認の際には、一人ではない方が良いと思います。できれば英語がネイティブである人、そこそこ機械や車のメンテナンスに詳しい人が側にいると、適切な情報を得られるだけでなく、相手に対するプレッシャーにもなります。

個人売買の具体的な手順

手順1:車の情報を見つける

まずは個人売買の車の情報を見つけます。

大抵の町には、日本語でのクレイグリスト(譲ります・差し上げますのコーナー)があります。それは、HPであったり、日系スーパーの掲示板であったり、あるいは町の情報誌のコーナーだったりします。

  • 日本語のタウン誌(日系スーパーなど)
  • 英語のタウン誌(スーパーなど)
  • 日本語の町情報のウェブサイト
  • 英語のクレイグリストのページ
  • 日系スーパーの掲示板
  • スーパーの掲示板

また、場合によっては留学が終了して帰国する人の車が対象になる場合もあります。

手順2:市場価格のチェック

よさそうだなと思える車の情報があれば、先ほどのkbb.comなどで市場価格を調べましょう。一見すると手間ですが、この価格を知っておくことで、吹っ掛けられているのか、適切な価格で誠実に売りに来ているのかがわかります。

大抵の場合、吹っ掛けてくる場合が多いと思うので、値段交渉をすることになります。

このときに適正価格を知っておくこと、メンテナンス状況を知っておくことは重要な交渉の道具になります。

手順3:実物確認

続いての作業は、実物確認です。

可能ならば、相手の言語がネイティブの人、そして車のメンテなどについてある程度詳しい人が一緒にいると良いと思います。

機械の詳しいことはわからないと思いますが、CarFaxによる修理歴の情報を調べます。もしここで大きな修理の記録があった場合、どこか傷んでいる可能性がでてきます。

また細かいと思うかもしれませんが、エンジン交換やタイヤのローテーションといった簡単なメンテの状況まで、どのように管理していたかを確認しましょう。

車に全く詳しくないオーナーがエンジンオイルの交換を何万マイルもしていなかったなんて話も聞きます。

サイトや人にもよりますが、3,000マイル(4,800km)から5,000マイル(4,800km)程度でエンジンオイルの交換が必要と言われています。

手順4:価格交渉

そして、価格交渉になります。

kbb.comで得た参照価格などを元に、どのくらいならばお互いに満足できるかを確認します。この時、DMVへの申請などをどうするかも確認しておきましょう。また、5年以上経過している車はカリフォルニアではSmog Testが必要なので、その費用などもどうするか決めておくと良いと思います。通常はSmog Testは売り手側が行うようです。

お互いに合意が得られたならば、交渉の締結です。簡単な契約書を用意しておくと良いと思います。何かあったときに、とても助かるはずです。

手順5:DMVの発行する譲渡書にサイン

最後ですが、DMVの発行している譲渡書という書類があります。これは通称Pink Slipというそうです。

いつ書式などが変わるかわからないので、こちらのサイトで正式な情報を確認してください。

こちらにサインをし、書類をDMVに送付します。

まとめると

中古車の個人売買のポイントと具体的な手順についてまとめました。重要なポイントは以下の2点です。

  • 修理歴、メンテナンスの情報をを集めること
  • 適切な価格を知ること

更に、具体的な手順を5ステップに分けてご紹介しました。

中古車の個人売買について、お役に立てれば幸いです。

 - 日常 , , , , , , ,