熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

CAで快適運転生活。中古車のお薦め購入方法

      2016/01/05

アメリカは車社会です。車なしでは、スーパーマーケットに行くのですら大変です。留学生にとって車を得るための最も一般的な手法は購入です。

しかしながら、購入となると、新車、中古車、様々な選択肢があります。アメリカではLemonとよばれる不良品も中古市場には出回っているという話も聞きます。

免許取得&車購入シリーズとして、免許の取り方から車の購入方法などについてお伝えしています。

こちらの記事では、新車と中古車の購入メリット・デメリットについてお伝えしました。

中古車購入では、故障のリスクが上がるかわりに初期費用などが抑えられます。今回はその中古車を買うお薦めの方法についてお伝えしたいと思います。

アメリカでの中古車とは

中古車市場は成熟している

まず、アメリカの中古車市場は一般に日本より成熟しているといわれます。これも、アメリカでは生活の足として車が生活必需品であり、アメリカ人自身も中古車の購入を良く行うからです。

中古車市場が成熟しているということは、より適正価格で買うための情報が整備されており、様々な商品が市場に出回っているということです。田舎になると、市場の流通量が減るようですが、輸送をいとわないならば近くの都市圏の市場に入ってくることも可能です。

車のメンテナンスは自分の責任

また、日本のような高度な車検制度がほとんどの州にありません。しかしながら、これは事故の責任は持つのと同時に、メンテナンスも自分で行うとい考えが根本にあるからです。したがって、中古車を買う時にその状態を見る必要があるのですが、アメリカ人は日本人に比べると一般的に車のメンテナンス知識があり、詳しいところのチェックも行います。

それでもディーラーなどとの交渉は・・・・

しかしながら、同時にすべてのアメリカ人にとって車が興味の対象というわけでなく、アメリカ人でも車に全く詳しくない人もいます。また、ディーラーとの値段交渉などは、アメリカ人にとっても決して心地よいものとは限らないらしく、やはり苦手だという意見を熊の周りでもよく聞きました。

数万kmなら新車同然

最後に、中古車の走行距離についてです。日本では数万kmならばそれなりに走っているという認識だと思います。ですが、アメリカはこれの5倍から10倍走って、ようやくそれなりに走っているねという感覚だと思います。

やはり、毎日高速も利用して何十キロと走っているので、走行距離は日本よりずっと長くなります。数万kmならば新品同然だね、なんていう人もいるくらいです。

日本とは走行距離に関して、かなり感覚が違うことを頭に入れておいた方が良いと思います。そして、日本の走行距離の感覚でいると、これだけは知っていれば相当価格が下がっているように思っても、実際にはそれほど下がっていなかったりします。

どのメーカーがいいの?

熊の周りでよく聞かれる質問です。

はっきり言ってしまえば、あなたの好みです。

ですが、もし信頼性を重視するならば、やはり日本車になると思います。少なくとも、熊の周りで聞いた限りでは、日本車の故障の少なさ、信頼性に関する信用は絶大です。聞いた話では、いわゆるミドルクラスで故障などを嫌う層は、こぞって日本車を買う傾向にあるそうです。

ですが、近年は韓国車やアメリカ社の信頼性もずっと上がってきているそうです。

中古車の場合、様々な話を聞きます。日本車であっても、前のオーナーの使いかがが悪かったのか、購入後すぐに故障した一方、アメリカ車の10年物でも何も問題なく使えたという話もあります。そして、この逆の場合もあります。

中古車の場合、メーカーの影響もそれなりにあります。やはり中古車市場では、日本車、トヨタ、ホンダ、ニッサンは値崩れしにくい傾向が見て取れます。これは中古車にも関わらず、イニシャルコストなどがそれなりにかかることを意味します。それならば、新車で良いのでは?という話になると思います。

そして、メーカーの影響と同様に前オーナーの使い方やメンテナンスが大きく影響を与えると思います。ですので、信頼性を求めるならばできれば日本車で、最後は好みやタイミングになるのではないでしょうか。

中古車の事故歴を確認するには?

中古車の購入にあたって、デメリットとして挙がってくるのが故障のリスクです。しかしながら、手間を少しかけることで、このリスクを少しでも小さくすることができます。

その代表例が車の事故歴です。

アメリカではそれぞれの車に、車体認識番号(VIN number)と呼ばれる番号が振ってあり、この番号に紐づけされる形で、修理歴などが共有される仕組みがあります。

それがCAR FAXというサイトです。

こちらのサイトに行って、数十ドルを支払えば車のVINを調べることで修理歴などが分かります。数十ドルで、車体やフレームのゆがみといったクレーム、保険の適用状況などを知ることができます。

個人売買の場合は、相手にCAR FAXのデータを見せてもらうよう要求すれば良いですし、ディーラーなら、やはり出すように要求して、確認をしたほうが良いと思います。

具体的な入手経路は

主な入手経路は3つ

入手経路は大きく分けて3つあります。

  • 個人売買
  • 中古車販売店
  • 正規ディーラー

上からリスクが高くなりますが、同時に価格は安くなる傾向があります。逆に下に行くほど故障などのリスクが下がりますが、同時に価格は上がる傾向があります。

入手経路その1:個人売買

まずは個人売買です。

個人売買の最大のメリットは価格が比較的安く抑えられることです。

以前の記事でもご紹介した、こちらのサイトを見てみましょう。

こちらのサイトを使うと、どこの都市ならばいくらぐらいで売買されているか大体の値を知ることができます。やはりディーラーなどで買うよりもPrivateの方が価格が抑えられる傾向にあります。また、個人売買の場合、DMVへの申請費用がディーラーよりも安くなります。

しかしながらデメリットとしては、故障リスクの上昇です。

売買相手をしっかり見極める必要があります。どうすれば見極められるのか、熊にはわかりませんが・・・

車も自分でチェックする必要がありますし、先ほどのCarFaxで修理履歴などの確認をしっかりと行うことをお薦めします。

そして、もし知人からの購入であった場合、何かあったときに関係にヒビが入ってしまう可能性があります。そういったリスクも考慮する必要があります。

また、自分の好みの車を手に入れにくいということもあります。価格は抑えられますが、好みがある人には難しい選択肢かもしれません。

入手経路その2:中古車販売店

続いてリスクが少なく、かつ費用がそこそこ抑えられるのが中古車販売店です。具体的には、CarMaxなどのチェーン店になります。

会社を経由するので、それだけ費用は上がりますが、最低限のチェックはしてくれます。

また友人などの関係にヒビが入ることもありません。

保証などを追加でつけることもでき、安心をお金で買うことも可能です。

しかしながら、チェックはしているものの購入後の不具合や故障の話はしばしば聞かれます。このあたり、どのお店がその地域で信頼されているかなど、下調べをしっかりする必要があると思います。

そして、価格交渉は必ず行うようにしましょう。Kbb.comなどで流通価格を調べて、適切だと思える価格にするよう交渉します。

また、中古車販売店の中には日本人がやっている、もしくは日本語が話せるスタッフがいるところもあります。

日本人がやっているところは、比較的価格が高めな印象がありますが、日本語でサービスが受けられるというのはとても安心感があります。また、販売店によっては何かあったときのトラブル対応をすべて受けてくれるという、保険のようなサービスをしているところもあり、価格相応の価値を提供してくれるところもあります。

入手経路その3:正規ディーラー

最後が正規ディーラーです。

価格は高めですが、リスクは下がります。というのも、正規ディーラー販売の中古車にはCertifiedと言って、1年程度の保証がついているものがあるからです。

とはいえ、やはり値段は上がります。これくらいならば、頑張って新車でいいのでは?と思うこともあります。

例えば、トヨタやホンダのディーラーのHPを見ると、簡単に中古車の価格を調べることができます。

面白いのは、正規ディーラーであっても、中古車は違うメーカーのものも扱っているところです。これは、新車の販売には正規ディーラーも系列の車しか販売しないのですが、整備工場を持っているために中古車は違うメーカーのものも売り出すそうです。

熊の感覚からすると不思議なのですが、そのような商習慣なのだそうです。

なお、日系のメーカーのディーラーでも日本人がいるとは限りません。

まとめると

アメリカ(カリフォルニア)で中古車を購入するときに留意点や購入経路についてお伝えしました。主な購入経路は3つです。

  • 個人売買
  • 中古車販売店
  • 正規ディーラー

それぞれ特徴があるので自分に合った方法で購入することをお薦めします。

 - 日常 , , , , , ,