熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

CAで快適運転生活。新車のお薦め購入方法

      2016/01/05

アメリカにきて車がない生活はほとんどの都市で考えられません。そんな中、留学生が一番にすることの一つが自動車の購入になります。

自動車の購入には、ローン、リース、チェックなど様々な支払方法がありますが、アメリカでのクレジットヒストリーがないほとんどの留学生にはチェック、現金払いが現実的な選択肢となります。

そして、購入対象となる車には、新車と中古車があります。アメリカは日本の車検にあたる制度がある州が少ないため、故障のリスクと隣汗です。

新車はイニシャルコストがかかるものの、この故障リスクを減らす有効な手段となります。

免許の取得から車の購入までのシリーズとしてお伝えしてきました。

今回は、新車のお薦め購入方法についてお伝えいたします。

新車購入のメリットとデメリットの確認

新車購入のメリット

こちらの記事にもまとめていますが、簡単に新車購入のメリット、デメリットをまとめます。

一番のメリットは故障の確率をグッと下げることができる、加えて最新モデルが楽しめる、自分の好きな車を選びやすいといったことが挙げられます。

アメリカの中古車市場は成熟しており、様々な制度がありますが、それでも購入者に車の状態を見る目が求められています。そして、メンテナンスなどが行き届いていない車を購入した場合、自分で責任を取る必要があります。

これを回避するために、保険などに入る、ディーラーのチェックが入った車を購入する方法がありますが、当然ながら費用が上がります。

そして、自分の好きな車を「選べる」ではなく、「選び易い」といったのには理由があります。
日本では新車を購入する場合、ディーラーなどでオプションなどを選び、発注となると思います。そしてある程度の期間を待って、納車となります。

しかしながら、アメリカではディーラーが車をメーカーから買い取り、在庫として持っています。購入者はその中から自分の欲しい色やオプションの車を選びます。

したがって自分のオプションがない場合、在庫がない場合があります。もちろん発注をすることもできますが、時間がかかります。

このように、アメリカでは新車の購入であっても、選べるのではなく、選び易いという状態になります。

新車購入のデメリット

デメリットは、初期費用が大きくなるということです。留学してすぐの費用がかかる時期に、一番大きな出費となると思います。可能なことならば抑えたいというのが正直なところだと思います。しかしながら、帰国時の売却価格も高くなります。

実際に2年間での車体の価値の落ち具合を見ると、やはり新車の方が落ちますが、中古車と比較してそれほど大きく異なるわけではありません。

新車のお薦めの買い方。具体的な手順

手順1:情報を集める

交渉の基本中の基本は、情報を集めることです。

中古車の場合は、車のメンテナンスや状態のチェックポイントなどを知る必要がありますが、幸いなことに新車にはそういった知識は必要ありません。

情報収集の中で最も重要なものは、以下の2点です

  • どのモデルが欲しいか
  • 適正価格がいくらで、留学修了後どの程度まで価格が落ちるか

手順1-1:モデルを決める

まず、どのモデルが欲しいかです。

これは個人の好みや状況が様々入ってくると思います。

例えば、アメリカにせっかく来たのだからアメリカ車に乗りたい!という人もいるかもしれません。また、家族がいるのでコンパクトカーというよりは、大きめの車がいいという方もいると思います。あるいは、やっぱり信頼性が高い車がいいなという方もいると思います。モデルを決めるときのよく聞くポイントは以下です。

  • メーカーや信頼性
  • 形・大きさ
  • 燃費性能
  • デザイン
  • オプション・グレード

メーカーや信頼性については、こちらのConsumer Reports’ best and worst car brands in 2015などが参考になると思います。日本車は全体的に信頼性が高いようです。

形や大きさは、車のタイプ、例えばコンパクトカーやSUVといったものです。個人の要望や使い方によって大きく変わります。

2015年にガソリン価格が大幅に下がったのでそれほど気にしなくなりましたが、やはり長距離を走るので燃費はそれなりに気になるところです。

デザインも個人の好みが大きく出てくるところです。ブランドごとに特徴あるデザインを打ち出してきているところもあります。

オプションやグレードは忘れがちですが、しっかり確認しましょう。それなりの機能、例えばオーディオやサンルーフなどが欲しいと思ったら、グレードはそれなりに上がります。そして、価格も上昇します。

最後は色です。これはデザインと同じく、個人の好みです。

手順1-2:適正価格と2年後の価格を調べる

買いたいモデルがきまると、適正価格を調べます。

こちらのKelly Blue Bookというサイトで、適正価格を調べることができます。

そして、面白いことに2年後の価格を予想することができます。その方法は2年前のモデルの売却価格を調べることです。

同じページの売却のページに進み、2年前のモデルで価格を調べます。Trade inというのは、いわゆる下取り価格、ディーラーに買い取ってもらう時の価格です。Privateは、個人売買の価格です。個人売買の方が高くなる傾向が見て取れます。

この差額を調べることで、欲しいモデルの車体価格の減少分を調べることができます。

もし同じくらいの欲しさのモデルならば、この価格の減少分でどのモデルか決めることができるかもしれません。なお、熊の経験上、信頼性の高い日本車は中古市場でも高く売れることが多く、価格の減少分は小さいように思います。

手順2:見積もりを依頼する

欲しいモデル、価格の相場が分かったら見積もりを依頼します。

見積もりを依頼する方法は、ディーラーを訪問する、電話で問い合わせるなど様々あります。熊がお薦めするのは、見積もり一括請求サイトです。

こちらを利用することで、複数のディーラーに一括で見積もり請求を行うことができます。ネットで請求なので対面する必要がなく簡単であること、なによりメールでやりとりをするので英語に自信がなくてもどうにかなることです。

実際には、電話でコンタクトを取ってこようとしてきたリ、関係ない車のセールスをしてくるディーラーもいっぱいいます。ですが、一部のディーラーはしっかりと答えてくれるので、これらのディーラーを交渉の候補とします。なお、相手も相見積もりに出されていることを知っているので、気にせずに進めましょう。

このとき注意しなければならないのは、ディーラーが返してきた価格が本当に自分の希望するモデルか確認することです。しばしば、ちょっと色違いとか、グレード違いのモデルで見積もりを出してきたりします。

手順3:価格交渉する

続いて価格交渉です。

誠実に返してきてくれたディーラと価格交渉をします。これくらいで出してくれるディーラーがあるんだけど、ここまで下がらない?というように下げてもらいます。Kelly Blue Bookの適正価格くらいになったら、ディーラーも下げられなくなってきますが。これに税金やDMV手数料などがのってくるので、最終的にはメーカーの小売価格(MSRP)近くになると思います。

また、この時、一応他にもっと下げられる車などがないか聞いてみましょう。車種によっては、今年のモデルを売り切りたい、などの理由でリベートが出て更に安くなる場合などもあります。

もし、もっと下げられる車種でもOKな場合は、そちらの車種に切り替えるという選択もあると思います。

また、支払い方法は一括で払うので安くしてほしいなど、交渉の武器になるものは何でも使っておきましょう。

手順4:実際に買いに行く

最後に価格などがまとまれば、実際に買いに行きます。

ですが、このとき足を持っていない方もいると思います。そんな時は、車を家のそばまで持ってきてもらうことも可能な場合が多いです。聞いて見ましょう。

契約をする前に、実際に試乗をさせてもらい、傷などをちゃんと自分の目で見て確認します。

すべてがOKになったら契約に進みます。

契約書は基本的に、言われる書類にサインをしていくことになります。説明を丁寧にしてくれるので、不明なところがあればどんどん聞いて納得するまでサインはしないようにしましょう。

おめでとうございます。

無事、契約が済むとその車はあなたのものです。

まとめると

アメリカで新車を買う場合のメリット・デメリットのまとめをし、具体的な購入手順についてお伝えしました。

  • 1:情報収集
  • 2:見積もりの依頼
  • 3:価格交渉
  • 4:契約&購入

アメリカでの新車購入のお役に立てば幸いです。

 - 日常 , , , , , ,