熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【体験記】CAで免許取得!具体的なステップとDMVの話

      2016/01/05

アメリカ留学では、多くの場合車の購入と運転が必須となります。車がなければスーパーマーケットに行くこともままならず、かつ大きな荷物を運ぶことも困難です。

そこで免許取得となります。免許取得にはDMV(Department of Motor Vehicles)という日本でいう免許センターのようなところに行く必要があります。

免許取得&車購入シリーズとして、免許の取り方から車の購入方法などについてお伝えしています。

今回は免許取得までの具体的なステップ、筆記試験、実技試験と、その運営としているDMVという組織の話をお伝えしたいと思います。

DMVでの免許取得!必要なステップ

免許獲得のステップ

カリフォルニアの免許のシステムについてはこちらの記事にまとめました。

簡単にまとめますと、基本的にカリフォルニアに住む場合にはカリフォルニアの免許が必要です。旅行ならば国際免許証もなしで大丈夫です(あったほうがより安心ですが)。

ここでは、DMV(Department of Motor Vehicle)でのカリフォルニア免許取得までの道のりをお伝えします。

免許取得のステップは大きく分けると2つです。

日本と同じく筆記試験と実技試験となります。

筆記試験は、やはり日本と同じく運転のルールに関する問題が出てきます。制限速度のルールはどうなっているか、ある状況では右折をしていいかどうか、といった運転での判断、知識について聞かれます。

実技試験も日本と同じく、車に教官が乗り込み、教官の指示通りに走ります。それぞれの道にチェック項目があり、それらで減点されないように運転を行います。最終的には減点が閾値以下ならば合格となります。

筆記試験の具体的なステップ

実は筆記試験は、日本語で受けることができます。

日本語が得意でない配偶者の免許、どうしようかなと思っていても、日本語で受けられるのは安心ですね。特別予約などする必要もなく、試験場で受験する際に言語を聞かれますので、「Japanese Please」と言えば、日本語で受けることができます。

筆記試験の予約をDMVのサイトからする

筆記試験の受験にはこちらの公式サイトから予約をすることをお薦めします。熊の時は長蛇の列に並べば、当日受けることもできたのですが、今は予約が必須となっているようです。

日本で免許証を持っている人には簡単な試験です。勉強を一切していなくても早めに予約してしまいましょう。

筆記試験の勉強をする

とにかく過去問。これが一番の近道です。

ではその過去問をどこで手に入れるのかということですが、一番早いのはネットでしょう。

インターネットで探すと、大抵の場合過去問が見つかります。ですが、もしそれが有料ならばやめておいたほうが良いかもしれません。なぜなら無料で手に入るからです。

現地に住み始めると、日系スーパーなどによく行くことになると思います。そういった場所には、様々な日本語でのタウン誌があります。このタウン誌には、毎号の特集に始まり、アメリカでの医療コラム、移民ガイド、税金相談、英語講師募集、譲ります・差し上げますなど様々な日本語コミュニティの情報があります。

この中に、日本でいうイエローページのようなテレフォンガイドがあります。このテレフォンガイド、名前はテレフォンガイドですが、中身は半分タウン誌です。便利情報が山ほど載っています。そして、この便利情報の一つが筆記試験の過去問です。

この過去問をやっておけば、大抵の問題に対応できると思います。

合格して仮免許を手に入れる

晴れて合格すると、仮免許を手に入れることができます。仮免許を持っていれば、助手席に運転免許証を持っている人がいれば公道を運転することができます。

実技試験の具体的なステップ

まずは実技試験の予約

またしても実技試験の予約です。電話やWebで予約をすることができます。しかしながら、手っ取り早いのは、仮免許をもらった時点で実技試験の予約をしてしまうことです。

予約の方法などは、かなり頻繁に改善(改悪かもしれませんが・・・)されているようですので、最新版をDMVのHPで確認したほうが安全です。

実技試験の練習をする

実技試験の練習をしましょう。とはいえ、まず行わなければならないのは、実技試験のコースとポイントが何かを知ることです。実技試験の会場はたくさんあるので、各場所の情報が整っているわけではありません。そもそも、実技試験のコースは外に出すものでもありません。

ではどこからこの「コースとポイント」を知ることができるのでしょうか?

方法は2つあります。

一つ目は、先輩方に聞いてみることです。みなさん同じようなことで苦労されているので、大抵どこかに情報が集まっています。熊のいた学校ではやはり代々と伝わる実技試験コースとポイント表がありました。

もう一つの方法は、ドライビングスクールの一回コースを試してみることです。熊は、このドライビングスクールの一回コースを試してみました。

場所によっては日本人がやっているドライビングスクールもあるそうです。

熊の場合、日本の免許をペーパーで持っていたのですが、一度実技試験で落ちてしまったので、日本とアメリカのポイントの違いを明確に把握するために行いました。実際に効果はてきめんで、2度目の実技試験ではほぼ満点で合格することができました。

日本で免許を持っている方も、一度落ちたならば、ポイントを探るために一回コースを試してみると良いと思います。

なお、カリフォルニアでは実技試験で3回落ちると、また筆記試験からになります。筆記試験自体は良いのですが、予約などを考えると非常に時間がかかります。なんとしても再試は避けたいものです。

実技試験を受ける

後は実技試験を受けるのみです。

噂で聞いた話では、結構試験官によって厳しさが違うとか・・・運を天に任せて最善を尽くすのみです。

幸いなことに合格できたら、紙の免許証をもらうことができます。正式な免許証は後日郵送となります。

ちなみに、もし実技試験中に聞いていたコースよりもずっと短い、あるいは路上駐車などを飛ばされたら、残念ながら不合格となったと思って良いでしょう。

これが噂のDMVでの物語

これは辛い。免許未達事件

DMVとこちらの人が聞くと、大抵の場合、対応の悪い場所の代名詞です。

日本だと、お役所仕事という言葉がありますが、まさにその感じです。自分の持ち場の仕事しか自分たちはやらないぞ、という感じです。

しかもたちが悪いのは、仕事の精度が日本に比べて格段に落ちるということです。

まず免許証が届きませんでした。

これが信じられないのですが、実際に熊の身に起こりました。筆記試験も受けて、実技試験もなんとかパスして、ようやく免許の発行となります。

面白いのは、日本では絶対に本人確認が行われ、手渡しで配布されますが、アメリカでは郵送となります。

アメリカで郵送。これだけでもかなり怪しい香りがしてきます。更に、このときには、受取確認が行われるわけではないのです。つまり、ある日家に帰ると、郵便ポストに免許証が送られてきているのです。

実用主義といえば聞こえがいいのですが、身分証明書としても用いられる書類をこのような形で送られるのはちょっと怖いですよね。

そして、熊の免許証は3か月ほど遅れてきました。

到着予定日になっても来ないので、電話をしたのですが、当たり前のように電話がいっぱいでつながらず、結果として窓口まで他の日に出て行きました。そして小一時間ほど待って、ようやく対応してくれた人に、「こちらに電話して」と電話番号を渡されたのです。

これが噂のDMVだな、と思い、必死で説明すると違う人が後ろから出てきて、端末で調べてくれました。その結果、何かの書類が足りず止まっていたそうです。

書類が足りないならば、そう連絡くれればいいのですが、それもせず、ただ送らないだけとは、参ってしまいました。

熊一人の実体験なので、全部がこうだというわけではありませんが、似たような話を色々と聞きます。

これは辛い。免許更新の罠

これは熊のクラスメートの話です。

彼はカリフォルニアの免許をかなり前に取っていて、ちょうど先月更新だったそうです。通常、カリフォルニアでの免許更新が近づいてくると、書類が送られてきて、必要な内容をかいて書類を郵送すれば、免許取得と同じように更新された免許が送られてきます。

クラスメートは更新の日時が近づいていることに気づいていたのですが、書類がなかなか来ません。そこでDMVに電話をすると、発送しているから書類を待ってほしいとの返事です。

そして数週間後、ようやくその書類が届きました。クラスメートは必要な書類をそろえ、すぐさま発送しました。しかしながら、その書類は受理されませんでした。

なぜならば、その書類で免許更新をすることができる日程が決められており、その書類が届いた時点ですでに日程を過ぎていたからです。もともと、クラスメートは最善を尽くしていたにも関わらず、DMVからの書類が遅れたためにこちらも遅れたにも関わらず、こちらの遅れは認めてくれない。

さすがお役所仕事です。

結局、そのクラスメートは郵送での免許更新をあきらめて、DMVのオフィスに向かいました。彼曰く、初めからDMVに行っていれば良かったとのことです。

このように、DMVの仕事の質に関しては様々なストーリーを聞くことができます。自分が巻き込まれないよう、お気を付けください。

まとめると

筆記試験と実技試験の具体的なステップについてお伝えしました。試験の予約をすることと、各試験の対策方法についてまとめました。
加えて、DMVという組織の様々なストーリーについてご紹介しました。

 - 日常 , , , ,