熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

違いを徹底比較。国内と海外MBA。就職、人脈、インターン編

      2016/01/05

経営を学ぼう!と思うと、一番に思いつくのはMBAの取得だと思います。

MBA取得を目指し経営を学ぶことで、経営層の考えが分かる、一歩近づく、そして大きく将来が開く可能性が高くなるといった効果が期待できると思います。

そんなMBAですが、国内でMBAを取得するか海外でMBAを取得するかは大きな決断だと思います。

MBA留学シリーズとして、GMATなどの試験対策からどのようにして予備校を選ぶかなどについてお伝えしています。

ここでは国内MBA、海外MBAの違いについて徹底比較を行い、あなたにどちらがピッタリか判断するお手伝いができればと思います。

前回は仕事と費用の関係についてお伝えしました。

今回は、言語・授業内容、そして入学試験編についてお伝えいたします。

就職とキャリアはどうなるのか?

国内MBAと海外MBA、最も端的に異なるものの一つに、卒業後のキャリアがあると思います。

海外MBAは外資系がお好き?

海外MBAの転職は、日本の大学生の就職に比べるとかなり違うと思います。

そもそも海外MBAの場合、大きく私費と社費の方の2つに分かれます。

社費の方は、会社に授業料などを負担してもらっているので、当然自分のもともと所属している会社に戻ることがほとんどです。

一部、会社をやめてアメリカの企業に転職する人、あるいは日本の他の会社に転職する人がいますが、その数は決して多くはありません。

続いて私費の方です。会社を辞めて、自費で授業料を払う(もしくは奨学金でまかなう)ことで留学を実現した方です。

こういった方は、どのようなところに就職しているのでしょうか?

よく聞くのは投資銀行などの金融系か、コンサルティング会社です。やはり、経営学を学んでから、最も直接的に学んだ能力を用いることができるのは、これらの企業だと思います。

また、授業料の回収という意味もあります。

こちらの記事に書いたように、海外MBAに挑戦した場合、アメリカだと機会費用も考慮したとき、2年間で3,000~4,000万円程度かかります。仮にヨーロッパのトップ校に行ったとしても、2,000~3,000万円近くかかります。

この場合、どうしても前職よりも少しでも多く稼いで早く授業料などに投資した分を回収したいと思います。こんな時に、外資の金融系の会社、例えばJ.Pモルガン、ゴールドマン・サックスといった外資系金融は待遇が良いので、とても魅力的に感じます。

同様に、マッキンゼーやボストンコンサルティングのようなコンサルティング会社も同じ年齢で比べると日系企業よりもずっと多くの給与を払ってくれる場合が多くあります。すでに数千万単位の投資をしている卒業生からすると、とても魅力的に映ります。

他に、大手の外資系企業に転職する場合もあります。例えば、P&GやJ&Jといた企業です。

外資系金融、外資系コンサル、そして大手の外資系企業の多くがMBA枠を持っています。この枠に入ってしまえば、待遇はかなり良く、かつしっかりとした成果を出せば、それだけ昇進が速くなります。

また、一部の方はテクノロジーの仕事をしたい!ということで、テクノロジー系の会社やスタートアップに転職する方もいます。

このように、海外のMBA取得者で私費の方の多くは、金融、コンサルなどの外資系企業、テクノロジー系の企業に就職します。

これは、費用の回収、転職のMBA枠、そして直接的に学んだことが使えるという3つが揃っているためというのが主な理由だと熊は思います。

それでは国内MBAは?

国内MBAはどうでしょうか?

そもそも、国内MBAを取得して転職する人は実は少ないと思います。というのも、国内MBAの最大の利点は、会社を辞めずに学位をとることができる点だからです。

現在の国内のビジネススクールを見てみると、その多くが夜間+土日のカリキュラムになっています。

これは会社に通いながら、学位の取得を目指すことを前提に置いているためです。

ただ、一部の学校は全日制のプログラムを提供しています。これらの学校では、就職をすることが必須となります。

それでは、慶応大学ビジネススクールの就職実績を見てみましょう。

こちらを見ると、やはり外資系の銀行、コンサルが多くを占めますが、近年は商社や日系企業の大手にも就職しています。ただし、慶応大学ビジネススクールの1/4程度は学部からそのまま修士課程に来ている学生がいますので、慶応大学としての実績なのか、MBAプログラムの効果なのか、明確に判断することは難しいです。

ネットワークとインターン

国内MBAと海外MBAでほかに気になるのは、ネットワークやインターンではないでしょうか。インターンでの経験やMBAを通じて得られる人脈は長期的な視点からも、非常に有益だと思います。ビジネスを回していくうえで同じ志をもった仲間、ネットワークを持つことができるのは非常に大きな強みであることは間違いありません。

北米MBAで得られるインターン、ネットワークは?

海外MBAで得られるインターン、ネットワークはどうでしょうか?

まず北米で考えてみましょう。

北米のMBAは2年のものが多く、1年目と2年目の間にインターンが入ることがほとんどです。

このインターンですが、日本人にとってアメリカの有名企業で働くことは非常に難しいと思っておいたほうが良いです。

インターンは、卒業後の就職につながっていると考えて間違いないです。すなわち、企業側は学生をインターンでチェックしていますし、学生側もインターンで企業をチェックしています。

そして、MBAを取得したからといって、日本人にとってアメリカの企業への就職は非常に難しいということです。マネジメントはどうしても言語能力を必要とする部分があります。そしてMBAの取得者はアメリカに大勢います。したがって、MBAを取得したアメリカ人をも超えるような何かがなければ、マネジメントのポジションで日本人が就職することは難しいと言えます。

そして、インターンは就職につながっています。

したがって、アメリカの有名企業へのインターンというのは、MBAの留学生には非常に難しくなります。

そこで、日本人留学生がインターンをするのは、外資系企業の日本支社、たとえばP&Gの日本支店だったり、ボストンコンサルティングの日本支店だったりという場合が多くなります。または、アメリカ企業でも地元に根差した中小規模の会社なら可能性が少しあります。ただし、中小企業の場合、インターンに留学生お断りのところも多くなるので、難しいところです。

続いてネットワークについて考えてみましょう。

アメリカの場合は、どの都市に行くか、が大きく効いてくると熊は思います。

IT関係のネットワークが欲しいならば、サンフランシスコに行くべきだと思いますし、金融関係ならシカゴやニューヨークはやはり強いです。

そして、ネットワークと言っても、大部分はアメリカ人になると思います。前にも指摘した通り、学校により異なりますが、留学生比率は高いところでも45%程度、低いところでは5%程度です。その中でどのようなネットワークを気づくか、しっかり考える必要があると思います。

ヨーロッパ、アジアMBAで得られるインターン、ネットワークは?

ヨーロッパやアジアで考えてみましょう。

するとヨーロッパ、アジアのMBAは1年制のところが多く、そもそもインターンをするチャンスが非常に少ない場合が多いです。

しかしながら、学校側も実務経験が少ないことが分かっているため、授業の中に会社のコンサルティングを行うプログラムとするなど、様々な工夫をして実務経験が養えるように工夫してあります。

ネットワークで見てみると、ヨーロッパは北米よりもずっと多様性に富んでいると思います。学生は様々な国から来ていますし、職務経験が豊かな学生が北米に比べると多いです。

また、ネットワークという意味ではアジアのビジネススクールは強みを持っています。それは中国人のネットワークに入ることができるということです。

中国人社会では、人的なネットワークが何よりも重要と聞きます。そして、中国のエリート層はやはりビジネススクールにて学んでいます。したがって、アジアのビジネススクールは、中国人社会でのネットワーク形成にとても有利だと言えます。

国内MBAで得られるインターン、ネットワークは?

国内MBAでは、基本的に仕事をしながら学ぶ場合が多いので、インターンができる機会は非常に限られていると思います。

そして、ネットワークについて日本国内の向上心が高い人々が集まっていると思います。

もし日系企業にお勤めならば、やはり日本企業とのネットワークの形成が非常に重要だと思います。国内MBAはまさにそういった方にうってつけのプログラムとなると思います。

海外のMBAならば一つの学年に多くても日本人は10名程度です。それが国内MBAならば、何十人単位で知り合うことができます。今後、日本でのビジネスを手掛けるにあたって様々なことが学べると思います。

例えば、自分の会社のお客さんの会社に勤める方がいれば、それだけで様々なお客さんの考え方を知ることができます。このような機会は日本でもなかなかないと思います。国内MBAの大きな利点です。

まとめると

国内MBA、海外MBAの違いについて徹底比較を行っています。今回は就職活動、そしてネットワークとインターンについてお伝えしました。

就職活動について

  • 私費で海外MBAの方は外資系、テクノロジー系が多い。MBA枠があるため
  • 社費で海外MBAの方はそのまま自社に戻る場合がほとんど
  • 国内MBAの方は会社にそのまま勤める場合が多い

インターンとネットワークについて

  • 北米MBAは現地でのネットワークづくりには有効。都市に注目した方が良い
  • ヨーロッパ、アジアMBAはインターンが少ない。コンサルプロジェクトなどを提供している
  • アジアMBAの中国人ネットワークは強力
  • 国内MBAは国内企業人とのネットワークを形成しやすい

MBAの学校選択のお役に立てば、幸いです。

 - MBA受験, クラブ/就活, 受験校探し , , , , , , , ,