熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

違いを徹底比較。国内と海外MBAどちらがお得? 仕事&費用編

      2016/01/05

経営を学ぼう!と思うと、一番に思いつくのはMBAの取得だと思います。

MBAでしっかり学ぶことで、将来の幹部候補になる、転職をするなど様々な可能性が見えてくると思います。そんなMBAですが、大きく分けると選択肢は2つあります。

一つは国内のMBAを取得すること、もう一つは海外でMBAを取得することです。

一体どのように違うのでしょうか?そしてどちらがお得なのでしょうか?

MBA留学シリーズとして、GMATなどの試験対策からどのようにして予備校を選ぶかなどについてお伝えしています。

そこでは国内MBA、海外MBAの違いについて徹底比較を行い、あなたにどちらがピッタリか判断するお手伝いができればと思います。

今回は、仕事と費用編についてお伝えいたします。

一番大きな問題。会社をどうするか

MBAを取得するにあたって、一番の問題は会社をどうするかです。

会社を辞めずに海外MBAに行く方法=社費

海外でMBAを取るのならば、当たり前ですが会社を一度やめる必要がある場合がほとんどです。ですが2つだけ例外があります。

まず1つめが、会社を説得して社費にしてもらうことです。社費とは、会社に授業料と学校に行っている間の給与などを出してもらう制度のことです。そんないい制度、あるわけないでしょ?と思うかもしれませんが、会社としては将来を期待する職員により能力を上げてもらい、卒業後に活躍してもらえれば、十分に元は取れるという考えからです。

したがって、社費の場合大抵卒業後数年はスポンサーをしてくれた会社で何年勤めますと約束を交わす場合がほとんどです。仮に何らかの理由でスポンサーをしてくれた会社を辞めた場合は、かかった費用と会社に返すような制度になっている場合が多いと思います。

企業によっては積極的に社費で職員を送り出すところもあります。大手の商社、銀行、商社、製造業などの会社も職員をMBAプログラムなどに送り出しています。

続いて2つ目が、起業家の方の場合です。あてはまる場合は少ないと思いますが、熊の大学の先輩にいました。起業家なので当然自分の会社でスポンサーもできます。自分が社外取締役などに退いておけば、会社を辞めずに海外のMBAを取得することが可能になります。

実質的には社費というのが、多くの方にとっての海外MBAに働きながら行くほぼ唯一の選択肢となってしまうと思います。

もし社費の制度がない会社にお勤めの場合でも、もし会社を説得することができるならば、社費の第一号として海外MBAに挑戦することができます。

熊の学校にもやはり、会社からの社費第一号ですという方が何人かいました。

仕事を続けたいけど社費も難しい= 休職は?

今の仕事を続けたい、そして社費の制度もないし、会社を説得することも難しいという場合もあると思います。

その場合、次に考えられるのは休職です。

会社によって休職の制度は異なると思いますが、近年は働き方の多様化などで、業界によっては比較的取りやすいのではないでしょうか。

休職といっても、できるだけ短い期間で海外MBAを取得したいという希望があると思います。その場合に出てくる選択肢が、海外のヨーロッパ、アジアでMBAを取得するということです。

MBAというと、やはりアメリカが本場というイメージがあると思いますが、近年はヨーロッパやアジアのビジネススクールもトップレベルに入っています。「ブルーオーシャン」という単語を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、これを発表したのはヨーロッパのビジネススクールINSEADのW・チャン・キムとレネ・モボルニュの2人です。もちろんビジネススクールのランキングでも必ず上位に入ってくる学校です。

そして、ヨーロッパ、アジアのビジネススクールの多くは1年生です。INSEADの場合は実質10か月程度になります。しかも入学は年2回行われています。これからならば、休職で会社を説得することも可能ではないでしょうか?

逆にアメリカのビジネススクールの多くは2年制です。その分、ゆっくりと腰を据えて学ぶことができますが、休職などで早く職場に復帰したい場合は、できるだけ早く終わらせたいという気持ちの方が大きいと思います。

上記以外の場合は、国内MBA

仕事を辞めるにしろ、休職にするにしろ、その決断には大きな負担が伴います。

独身ならまだ可能かと思いますが、養う家族がいる場合、妻の仕事や、子供のことも考える必要がります。巨額な費用もあって、海外MBAに行くという選択は社費以外では非常に大きな決断だと思います。

そのような場合には、国内MBAという選択肢になると思います。

なおここでは便宜的に国内MBAと言っていますが、この表現には様々な議論が巻き起こると思います。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

国内MBAの場合は、仕事を辞める必要はほぼなくなります。

一部のビジネススクールが全日制でプログラムを提供しているので、その学校にどうしても行きたければ話は別ですが、そうでなければ基本的には平日夜、および土日となります。

この場合であっても、平日は定時で上がらなければならないなど課題はありますが、会社を辞める、休職するといった選択肢よりもずっとハードルが低くなります。

海外MBAに行きたいけれども、どうしても条件がそろわない場合は、国内MBAの検討が現実的な選択肢だと思います。

仕事と海外/国内MBAの関係をまとめると

これらのことから、仕事と海外、国内MBAの関係をまとめると以下となります。

海外のMBA → 社費 or 休職 or 会社を辞める
国内のMBA → それ以外

すなわち、会社をどうするかという時点で、海外MBAに行くか国内MBAに行くかの大半が決まってしまうということになります。

一体どれくらいかかる?費用について比較!

会社を辞めてでも海外のMBAに行きたい!となった場合、次に気になるのは費用の話だと思います。もちろん学校や、行く都市、独身か、家族がいるかなどにより大きく異なるのですが、イメージとしてこれくらいだということを知るだけでも、現実的かどうかの判断をつけられると思います。

2年制の海外MBAプログラム

授業料(2年分) US$128,000
生活費(2年分) US$ 60,000
テキスト代(2年分) US$ 2,000
合計 US$190,000

Stanford Universityの2015年の値を公式HPから引用すると上のようになります。実際には、Teaching Assistantとして働く、奨学金をもらうなどして授業料は割り引かれることが多いです。

ですが、機会費用も考えると実に3,000~4,000万円近くの出費となります。

1年制の海外MBAプログラム

ヨーロッパ編
授業料(1年分) €65,800
生活費(1年分) €21,800
テキスト代(1年分) € 2,000
合計 €99,600

INSEADの2015年の値を公式HPから引用すると上のようになります。1年制の場合、勉強期間が短いためTeaching Assistantとして働くことはあまりないかもしれませんが、奨学金をもらうなどして授業料は割り引かれることはあります。

機会費用も考えると実に2,000~3,000万円近くの出費となります。それでも2年生の学校よりも1,000~2000万円近くは安くなります。

アジア編
授業料(1年分) $69,900
生活費(1年分) $25,000
テキスト代(1年分) $1,300
合計 $96,200

のHong Kong University of Science and Technology (HKUST) の2015年の値を公式HPから引用すると上のようになります。ヨーロッパ同様、1年制の場合、勉強期間が短いためTeaching Assistantとして働くことはあまりないかもしれませんが、奨学金をもらうなどして授業料は割り引かれることはあります。

費用などはヨーロッパと同様となります。場所や都市によっては更に下がる可能性もあります。

国内MBAプログラム

授業料(2年分) \3,006,000
生活費(2年分) \5,000,000
テキスト代(2年分) \200,000
合計 \8,206,000

早稲田大学ビジネススクール 夜間主総合・夜間主プロフェッショナルの学費です。海外MBAですと会社をやめた機会費用が発生しますが、会社を辞めていない場合となるので1,000万円以内で可能となります。もし国立の学校だった場合は、更に費用が下がります。

また、全日制の国内MBAプログラムに行く場合は、上記に加えて機会費用が発生するので合計2,500万円~3,500万円程度になると思います。

機会費用込みで考えたときのまとめ

以上を機会費用込みで考えたときの値をまるめると以下となります。

  • 海外MBA2年 3,000~4,000万円
  • 海外MBA1年(ヨーロッパ)2,000~3,000万円
  • 海外MBA1年(アジア) 2,000~3,000万円
  • 国内MBA2年(夜間) 1,000万円以内
  • 国内MBA2年(全日制) 2,500万円~3,500万円

やはり機会費用が大きく効いてくることがよくわかります。

まとめると

MBAを取得しよう!と決意して一番に考えるのが国内MBAにするか海外MBAにするかということだと思います。今回は、仕事と費用について国内/海外がどのように関係するかをまとめました。
仕事について

  • 海外のMBA → 社費 or 休職 or 会社を辞める
  • 国内のMBA → それ以外

費用について

  • 海外MBA2年 3,000~4,000万円
  • 海外MBA1年(ヨーロッパ)2,000~3,000万円
  • 海外MBA1年(アジア) 2,000~3,000万円
  • 国内MBA2年(夜間) 1,000万円以内
  • 国内MBA2年(全日制) 2,500万円~3,500万円

TAや奨学金、家族の有無で大きく異なる。機会費用が最も大きい。

MBAの学校選択のお役に立てれば幸いです。

 - MBA受験, 受験校探し , , , , , ,