熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

TOEFLで噂に聞くダミー問題。その詳細と具体的な対処法

      2016/01/05

ダミー問題という単語を聞いたことをあるでしょうか?

TOEFL iBTの試験を受けると、どこかで耳にすることがある単語です。

熊が初めて聞いたときは、ダミーの問題が試験に入っているなんで、なんだか一生懸命勉強した受験生には余計な手間をかけてくる試験だなと思いました。

しかしながら、色々と調べるにあたって、実はダミー問題も上手く利用すればTOEFL iBTの試験を有利に進めることができることがわかりました。

TOEFL対策シリーズとして、TOEFLの概要から申し込み方法、各種対策、アプリなどをお伝えしてきました。

今回はダミー問題についてお伝えします。

そもそもダミー問題とは何?何のために?

ダミー問題とは、その名の通りダミーの問題です。

大事な試験なのに、なんでダミー問題が入っているだ!と思うのですが、その目的は、より詳細な受験生のデータを取るためだそうです。ちなみに、熊が調べた限りでは、ETSは公式に何も言ってないそうなので、以降はあくまで巷での噂および推論となります。

当たり前ですが、試験の問題はどんどん入れ替わっています。

問題の中では難しい問題もあれば、簡単な問題もあり、受けた日によって成績が大きく変わっては問題です。

そこで、どの受験者にも同じ問題を解いてもらい、それをベンチマークにしよう、ということだと思います。

同じ問題が入っていることで、多くの受験者にとって新しい問題が難しかったのか簡単だったのかが推測できるようになります。
真実はETSしか知りませんが、これがダミー問題が入っている理由だと言われているようです。

そして、このダミー問題はスコアには入らないと言われています。

どんな問題がでるの?

ダミー問題は2パターンあるようです。

リーディングとリスニングの問題でダミー問題が出る可能性があるそうです。

リーディングのセッションは通常大問が3つで60分ですが、ダミー問題が加わると大問が5つで100分となります。

リスニングのセッションは通常大問が会話問題2問と講義問題4問となっていますが、ダミー問題が加わると会話問題3問と講義問題6問となります。

すなわち、ダミー問題が加わると大問の数が1.5倍になるということです。

ただでさえ長いTOEFL iBTの試験なのに、更に長くなるのか!と思うのですが、リーディングとリスニング両方ともダミーが加わることはなく、片方のみとなります。

具体的な対策

休憩して英気を養う

TOEFL iBTは4時間もの試験です。

ダミー問題で少しでも余計な疲れを貯めたくない、という方にはお薦めの方法です。特にリーディングでは大問が増えると、それだけ大幅に試験時間が長くなります。すなわち、それだけ集中しなければならない時間が長くなるわけです。

これはダミー問題で間違いなく、かつ、万が一何かあってスコアが悪くでも問題ない、という場合には有効な対策だと思います。

しかしながら、当然どれがダミー問題かということが外れれば、自分のスコアが悪くなります。そして、そもそもダミー問題があるのかどうかもETSは言っていないので、何も保証されません。もしかしたら、ウェブで言われているダミー問題は存在していない可能性も0ではありません。その場合は、休んだ分スコアが悪くなってしまいます。

全力で解く

上記のようなリスクを冒したくない、という方は普段通り全力で解くという選択肢があります。

どれがダミー問題かもわからないし、スコアに反映される可能性が万が一でもあるならば万全を尽くしたいという方針です。

当たり前ですが、リーディングをぶっ続けで100分解くのは相当疲れます。ですが、一番リスクが少ない方法です。

ささーっと解いて、スピーキング/ライティングの準備

最後に、熊が取っていた対策です。

何度もTOEFL iBTを受けると、もしかしたらこれがダミー問題というやつのでは?と思う時があります。

その場合、熊は問題をささーっと解いて、他の問題の準備に当てていました。

メモ用紙にスピーキングのテンプレート部分を書いておくなどしておくと、スピーキングの時とても落ち着て対応することができます。

このように時間を有効活用することで、スコアを少しでも上げようと努力していました。

まとめると

TOEFL iBTに出ると言われるダミー問題、その詳細と具体的な対処法についてお伝えしました。

  • ダミー問題はベンチマークとして使われ、スコアには入らない
  • 具体的な対策としては、休憩、全力投球、ほかの問題の準備が考えられる

再度繰り返しとなりますが、ETSは公式には何も発表していませんで、真実はETSのみ知るところです。

TOEFL対策のお役に立てば幸いです。

 - MBA受験, TOEFL , , , ,