熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

国内MOT、国内MBA、米国MBAに米国工学系MOT、選択授業の徹底比較

      2016/01/05

理系の人が経営に興味を持ったとき、一番に思いつくのはMBAだと思います。MBAだと海外のイメージがありますが、国内にもMBAの学校はあります。

そういえば、理系版MBAと言われるMOTという単語も聞こえてきます。

しかしながら、これらはいったいどこが違うのでしょうか?

MOTシリーズとして、国内MOT、国内MBA、米国MBAに米国工学系MOTの比較を行ってきました。

前回の記事では、必須授業についてお伝えしました。今回の記事では選択授業についてお伝えします。

各学校の選択授業一覧

前回の記事に引き続き、国内MOT、国内MBA、米国MBAに米国工学系MOTの比較を行います。

国内MOTの代表例として東京理科大学、国内MBAの代表例として慶応大学、米国MBAの代表例として熊のいたMBAスクール、米国工学系MOTとしてNew York University Tandon School of Engineeringのカリキュラムを比較しました。

熊が日本語と英語の授業タイトルを見て、概ね同じであろうものを同じ教科としています。

あくまでそれぞれ1大学を選んだだけなので、すべての学校がこうだと言い切れるわけではありませんが、傾向は見えると思います。

MOT-elective
各スクールの選択授業の一覧

緑色で塗られたマスは、選択授業として開講されています。

各スクールの違いを見てみると

一覧表をみてみるとMOT系とMBA系で概ね分かれることがわかります。

国内/海外を問わず、MBA系では意思決定論、起業、プロジェクトマネジメント、マーケティング戦略といった、必須の授業で学んだことの応用編を行います。それぞれ基礎を必須授業で学んでいるので、選択の授業ではより実務に近いことを学ぶ傾向があるようです。

具体的なケースを元に、過去の本物のデータを用いて計算を行ったり、実在の会社を相手にコンサルをする場合もあります。

また、企業倫理やプロジェクトマネジメントなどは、MOTでも一部学ぶことができます。

一方、MOT系を見てみると、やはり似たような授業構成になっていることがわかります。

金融やメディア、バイオー製薬とった業界別の技術論から、新興技術の管理などを学びます。

なお、業界別の動向については、MBAでも学べる場合があります。MBAでは各学校に業界別の強みを持っている場合があります。例えば、シリコンバレーの側の学校、Stanford UniversityやUniversity of California Berkeleyなどは、IT関連には強みを持っており、その分野の授業を持っています。

他に、新興技術などはMOTならではないでしょうか。どのような新興技術が出てきており、どのように展開するか、そしてこれらをどのように管理して商品化していくかを考えるのは、MOTの目的イノベーションそのものであり、とてもエキサイティングな学びになると思います。

必須授業と選択授業を一緒に見てみると

授業の種類という意味では、国内MBAも海外MBAも概ねどうようの授業を提供しているということができると思います。

一方、MOTに関しては少し違います。

選択授業に関してはかなり近いと思うのですが、必須授業で違いが見られます。前回の記事でお伝えしたように、海外のMOTに比べると国内のMOTは経営関係の教科が少なくなります。そして、その代わりにイノベーション関連の授業が増えます。

イノベーション関連の授業というと、コンセプト創造論や開発・プロトタイプ論といったイノベーションをどのように行うか、加速させていくかということを学ぶ授業になります。

このイノベーション関連授業に力を入れている点が、国内MOTと海外MOTと大きく異なる点だと思います。

まとめると

前回の記事に引き続き、今回は選択授業について国内MOT、国内MBA、米国MBAに米国工学系MOTの比較を行いました。

国内/海外に関わらず、MBAスクールは同様の必須、選択授業を提供しています。
国内/海外に関わらず、MOTは同様の選択授業を提供しています。
しかしながら、必須授業は国内MOTでイノベーションに特化した授業を提供しており、その分経営系の授業が少なくなっています。

 - MBA受験, MOT, 受験校探し , , , ,