熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

MBA、MOT、国内MBAなどを図解で徹底比較

      2016/01/05

理系の熊が経営のことを知りたい!と思ったとき、様々な選択肢がありました。

一つが欧米のビジネススクール、一つが国内の経営学修士、そしてもう一つがMOTと言われている学校です。

しかしながら同時に、専門職大学って何? MOTって何? そういえば経営学と技術経営って何が違うの? 経営工学っていう分野もあるよね?

など様々な疑問がでてきました。

そこで、前回の記事では、MBAやMOT、経営工学などの意味をまとめました。

しかしながら、更にわかりやすくするため、今回の記事では表と図解でまとめました。

なお、一部私見が入っているとことや、情報不足の点もあると思いますが、参考程度にご利用ください。

これが学位と目的、学問領域の一覧表だ!

MOT_comp

各スクールの学位、目的、承認機関、学問領域一覧表

各スクールの学位、目的、承認機関、学問領域一覧表を示します。

まず学校を欧米と日本で分けました。

ここでは便宜上欧米と言っていますが、もちろん香港科学技術大学やシンガポール大学も入ってきます。

欧米のビジネススクールの目的はビジネスの実務者育成になりあす。これは欧米のMOTも同様です。日本では専門職大学のプログラムの多くがMBAコースもしくはMOTコースと謳っており、やはりビジネス実務者育成を目的としています。

一方、日本の経営学研究科と経営工学研究科はMBAのような実務者だけでなく、修士レベルの研究もできるように教育することが多いようです。そのため、修士論文の提出が必須の大学もあります。

しかしながら、慶応大学ビジネススクール(KBS)のように修士(経営学)と国際認証を得たMBAをとれる学校もあります。

取得できる学位のイメージ

以下の図が各スクールの学位の取得イメージになります。
mot_degree

各スクールの学位取得イメージ

当たり前ですが、基本的には独立した学問、学位となっており、重なるところはわずかです。

上記したように、慶応大学ビジネススクールは文科省と国際認証と取っているので、両方に属することになります。

また、欧米MOT大学と欧米MBA大学の一部は重なっていますが、それはMOTという学問分野が経営学の中に組み込まれているからです。したがって、欧米MOT大学では、MBAのみ、MBAとMSのデュアルディグリー、MSのみの3パターンがあります。

学べる内容のイメージ

MOT2

欧米ビジネススクールで学べること

各スクールで学べることのイメージをお伝えします。

上の図を見てください。これは欧米ビジネススクールで学べることのイメージです。

大きな円が、経営学(マネジメント)という学問全体を示します。円の心に行くほど実学に近く、円の縁に行くほど研究的要素が強いとします。

経営学の中には様々な分野があります。ファイナンス、マーケティング、ストラテジー、オペレーションにイノベーション。この分類の数や種類については、色々あるので、あくまで様々な分野に分かれているイメージとしてとらえてください。

では欧米ビジネススクールで学べることですが、これは経営学の中でも各分野の基礎から実学に近いことを学ぶことができます。

学校によって、どの分野が近い、あるいは自分の専門分野を選んで集中的に取るなどすることができますが、基本的にはどの分野も基礎から実務利用可能なレベルまでを学びます。

MOT3

日本の専門職大学のMBAコースで学べること

続いて日本の専門職大学のMBAコースで学べることですが、基本的には欧米ビジネススクールと同じと思ってよいと思います。もちろん、学校により特色やレベル、質などはあると思いますが、基本的な方針はほぼ同じと思ってよいと思います。

MOT4

日本の経営学研究科のMBAコースで学べること

続いて、日本の経営学研究科の場合です。

ビジネススクールで学ぶようなことも一通り学びますが、量が減ります(中央の円が小さくなります)。その減った分はある分野の研究に充てられます。図ではファイナンスの例になります。日本の経営学研究科は研究をすることにも重きを置いているため、このような配分になるのだと思います。

MOT5

欧米MOT大学で学べること

続いて、欧米MOT大学の場合です。

これも大学により千差万別だと思いますが、あえて断言してしまうと、ビジネススクールの基礎から実務の部分を少し減らし、その分生産技術などのオペレーションの量が増えます。通常のMBAでオペレーションを専攻して取ると、実はこれに近くなると思います。ですので、欧米のMOTはMBAに組み込まれつつあるのだと思います。

ただし、学校によっては、工学部の授業をある一定の単位以上取る必要があるなど、通常のMBAとは異なり、工学的な知識も増やそうとするシステムを採用している学校もあります。

MOT6

日本MOT大学で学べること

そして、最後が日本MOT大学の場合です。

日本のMOTも基本的には欧米MOTに近いと思ってまず間違いないと思います。ですが、日本のMOTはよりイノベーションに力を入れており、授業の一定割合はイノベーション関連教科となっている学校もあります。経営の基礎から実務のことも学べますが、よりイノベーションにフォーカスしたイメージとなります。また、図ではイノベーションがマネジメントの中に入っていますが、場合によっては外に出る場合もあると思います。

まとめると

欧米ビジネススクール、日本の経営専門職大学、日本の経営学研究科、欧米MOT大学、日本MOT大学について、図表を用いて比較を行いました。主な違いは、以下の通りです。

  • 教育目的
  • 与えられる学位
  • 学位の承認機関
  • 学べる学問領域

学校選択のお役に立てば幸いです。

 - MBA受験, MOT, 受験校探し , , , , ,