熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

MBAにMOT、経営学修士、経営工学、専門職大学の定義の違い【まとめ】

      2016/01/05

理系職種の人が技術をある程度学んだ時に気が付くのが、自分にはマネジメントのスキルも必要であるということだと思います。

戦略とは何か、会計でどのように費用が動いているのを読み解くのか、財務戦略はどうやって策定しているのかなど、会社の中で知らないことがあまりにもたくさんあることに気がつくはずです。

そんな時に、経営を学ぼう!という意志を持つのだと思います。

それでは経営をどこで学べば良いのでしょうか?

経営をいうとまず思いつくのがMBAだと思います。なんといってもそのブランドは絶大で、有名経営者やコンサルタントはMBA保有者が多くいます。

しかしながら最近聞く単語にMOTという言葉があります。よく理系版MBAなんて言われますが、いったい何が違うのでしょうか?

ちょっと考えてみると、MBAは日本語に直すと経営学修士ですよね? MBAと経営学修士は違うものなのでしょうか?

そういえば昔から経営工学という分野もあります。これは経営学なのでしょうか?

このように経営を学ぼう!と思った時には様々な選択肢があり、その違いも分かりにくいものです。

MOTシリーズとして、今回は各単語の意味の比較とまとめをお伝えします。

ブランドとなっているMBA。そもそも何?

MBAはMaster of Business Administrationの略でMBAです。日本語に直すと、経営管理修士です。

じゃ、日本の経営学部の大学院を出るとMBAになるのかというと、微妙なところです。

MBAといって思いつく大学はどこがあるでしょうか?

ハーバード大学にスタンフォード大学などアメリカを中心とした大学が思いつくと思います。そして、INSEADやシンガポール大学なども思いつくと思います。

実際には相当数あるのですが、MBAで日本の大学を思いつく人はそんなに多くないと思います。

実は国際的なMBA業界では、MBAを名乗る大学の多くは国際的な認証を受けています。この国際的な承認を行うのが、大学教育としての品質管理や継続的改善を行うための非営利機関であるAACSBやAMBAです。

一方、日本国内には経営関連として、昔からある経営学部の修士課程を修了することで得られる修士(経営学)と専門職大学を修了することで得られる経営管理修士(専門職)があります。しかしながら、これは一般的なイメージのMBAとはおそらく別物として認識されていると思います。

そこで、経営管理修士(専門職)はMBAではなく、日本版MBAと呼ばれることがあります。

ちなにも日本にもMBAの国際認証を得ている大学が2つあります。慶応大学と名古屋商科大学です。

まとめると、おそらく一般的なイメージは、MBAは国際認証を得た大学のMBAプログラムを得た後に得られる国際的な学位となります。ただし、厳密な定義はなく、日本の経営管理修士(専門職)も含めてMBAという場合もあります。

MBAとは違う?経営学修士とは何?

MBAとは国際認証を得たビジネスの学位だということは分かりました。ではよく聞く、経営学修士とは何でしょうか?

そもそもの原因はMBAを日本語で説明するときに、経営学修士と訳したところからややこしくなったのだと思います。

MBAは確かに日本語に直すと経営学修士なのですが、日本の昔からある経営学の修士課程を経て得られる学位をMBAというとMBAの取得者は違うというと思います。

日本の昔からある経営学を修了して得られる学位は、日本の文科省が承認した学位となり、表記は修士(経営学)になります。

そもそもの認証機関が異なるのです。

では、最近聞く専門職大学はどう違うのでしょうか?

こちらも日本の文科省の認証で得られる学位となります。したがって国際的な認証とは別のものになります。しかしながら、専門職大学制度は、昔からある研究中心の修士課程とは異なり実務者を育成するための大学となります。したがって、授業の内容は昔ながらの経営学部よりよりMBAに近い内容となっていると言えるでしょう。

ちなみに、先ほどから日本の文科省の学位では、経営学修士ではなく、修士(経営学)と書いてきました。それは、現在の制度では経営学修士は存在しないからです。

昔ながらの経営学の修士課程で得られる学位は修士(経営学)、専門職大学で得られる学位はc)となります。

経営学と経営工学はどう違う?

経営工学という単語を聞いたことがあるでしょうか? 似た単語に、経営システム工学という分野もあります。

そして、経営学や経済学という単語もあります。

当たり前ですが、経営学、経済学、経営工学、経営システム工学、どれも学問領域です。MBAのような学位のことではありません。

この経営学と経営工学、あるいは経営システム工学、非常に似た単語ですが、いったい何が違うのでしょうか?

経営学は、1企業を中心としてどのような法則で運用されているかを明らかにする学問です。メインとなる対象が経済学、社会学、行動心理学をベースとしています。すなわち、社会科学の方向から構成される割合が高くなります。

そして経済学は市場原理をベースとして社会全体の動きを記述しようとするのに対し、経営学は社会ステムの一部分である企業を対象としています。

つまり対象が市場経済全体だと経済学、1企業だと経営学となるイメージです。

では経営工学、あるいは経営システム工学はどうでしょうか?

経営工学は経営学の中でもその一部、オペレーションと言われる分野に特化しているイメージだと思います。

オペレーションでは、人、物、情報といったシステムの設計・改善・確立について研究を行っています。生産管理システム、情報システムといったイメージです。

もちろん、経営学と同じように戦略論や会計も勉強しますが、その割合は経営学よりもずっと低くなります。

理系版MBA? MOTは?

MOTというと、よく理系版MBAと言われます。

これがそもそもの間違いだと思います。

MBAは学位のことです。日本語で言うと経営学修士です。

それに対してMOTはManagement of Technologyの略です。つまり技術経営という学問領域のことです。

つまり、「MOTは理系版MBA」ということは、「技術経営は理系版経営学修士」と言っていることになります。学問領域=学位では意味が通じません。

前述のとおり、MOTとはManagement of Technology、すなわち技術経営のことです。これは経営学とは異なるのでしょうか?

答えはYESです。

経営学は、会計や戦略、ファイナンスや組織論、オペレーションなどを総合的に学ぶことを主眼に置いています。前述のとおり、経済学や社会学、行動心理学などをベースに置いた学問です。

一方、MOTは経営管理の中でも生産技術から発展しています。イノベーション論、技術を中心とした経営管理論を学ぶことができます。もちろん、MBAで学ぶ内容と重なる部分も多くありますが、力を注ぐ部分は経営学の中でも生産技術関連の学問が多いと思ってよいと思います。

元々MOTはアメリカのMIT、Sloan School of Managementで開発されました。このときは日本の自動車や電機産業が絶頂期を迎えており、Japan as No.1と言われていた時代です。アメリカがこのときの日本の生産技術から学ぼうとして、生産技術を中心とした雇用制度や組織論などをまとめ上げ、MOTという学問領域を作りました。

しかしながら、多くのアメリカのビジネススクールにMOTという文字は見当たりません。

それは、MOTの分野がマネジメントのオペレーションを中心とした一部に組み込まれ、MOTという異なる学問分野でなく、マネジメントの中に入り込んだということです。

中には一部MOTという言葉を残している大学、売りにしている大学もありますが、その場合は与えられる学位がMBAではなく、MS(Master of Science)の場合が多いです。

日本では、MOTはよりイノベーションに特化したプログラムとなっています。従来の経営学をやりながら、イノベーション関連教科を学ぶところが多いようです。イノベーションに特化したという意味では、海外のMBAとは異なる教科を学ぶことができそうです。

したがってMOTとは、欧米ではMBAの一部となっている学問領域のことです。学位のことではありません。日本では、イノベーションの創出と経営学を学ぶことができる学問領域のことです。

まとめると

MBAにMOT、経営学修士、経営工学そして専門職大学の違いについてまとめました。

  • MBAは実務教育に注力した経営学修士。欧米スクールの多くは国際認証を得ている
  • 修士(経営学)は文科省の認証。より研究に注力
  • 経営学修士(専門職)は文科省の認証。より実務教育に注力
  • 経済学は市場システム全体。経営学は一企業を対象とした学問領域
  • 経営工学は生産技術に特化した学問領域
  • MOTは欧米ではマネジメントの一部に吸収されたケースが多い
  • MOTは日本ではイノベーション創出と経営学の両方を学べる

学校選択のお役に立てれば幸いです。

 - MBA受験, MOT, 受験校探し , , , ,