熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【TOEFL対策】TOEICとTOEFL、具体的に何が違う?

      2016/01/05

MBAの受験を考えたとき、最初に立ちはだかる大きな壁はTOEFL(TOEFL iBT)です。TOEFLとは、Test of English as Foreign Languageの略で、英語圏の大学に行くにはほぼ必須となっている英語の試験です。iBTというのは、インターネットベースという意味です。他にPBT(ペーパーベース)、CBT(コンピューターベース)などありましたが、現在はほぼiBTです。

似たような試験にTOEICというものがあります。これは、Test of English for International Communicationの略で、ビジネスを含めたコミュニケーションの能力を測るための試験です。

どちらもETSという同じ機関によって作られており、似たようなものではないかと思うかもしれませんが、内容は相当異なります。

そこで、今回はTOEFLとTOEICの違いについてまとめます。

TOEFLとTOEICはその目的が違う!

TOEFLの目的は、英語圏の大学に入学したい学生の英語運用能力を正確に測ることです。一方、TOEICの目的はビジネスを含めたコミュニケーションの場面で、その能力を正確に測ることです。

最大の違いは、測りたい能力が大きく異なることです。

TOEFLの受験者は、英語圏の大学に行くことを念頭に置いた学生が主体となります。したがって、試験の内容もアカデミックなものになります。また、測りたい能力もリーディングやリスニングだけでなく、実際に宿題やレポートとして提出するためのライティングの能力、議論や発表をするためのスピーキングの能力も測られます。

それに対し、TOEICの受験者は英語を利用してコミュニケーションを行うことを念頭に置いた人です。具体的には英語を利用するビジネスマンや英語の能力を測りたい学生などとなります。また、ビジネスなどのコミュニケーションを念頭においているため、試験に出てくる単語のカテゴリーがTOEFLとは大きく異なります。

何より最大の違いは、TOEICにはスピーキングとライティングがないことです。

この二つの分野があるために、多くの日本人がTOEIC以上にTOEFLで高得点を取るのが難しくなっています。

試験内容は具体的に何が違う?

それでは具体的に試験内容の違いを見てみましょう。

そもそも出てくる単語の種類が違う

まずは単語です。

TOEFLはアカデミック寄りの単語が多いのに対し、TOEICはビジネスも含めた一般的な単語が多くなります。

TOEFLのアカデミックな単語だと、diurnal(昼行性の)やnocturnal(夜行性の)などの、○○学で出てくるような単語、あるいは理科や社会の教科書で出てくるような英単語を覚える必要が出てきます。

一方、TOEICだとビジネス関連の用語と日常会話用語です。ビジネス用語だとmerger(合併)などが対象になってきます。基本的にはメールや広告、新聞の経済欄によく出てくる単語が対象となるイメージです。

したがって、初めてTOEFLを受けた人の多くは、単語が難しい!と思うことがあるそうですが、その理由は単語の種類が異なるからだと熊は思います。決して難解な英単語を用いているのではなく、カテゴリーが異なるわけです。

とはいえ、カテゴリーが異なるとはいえ結局は知らない単語なので、覚える必要があります。

リーディングは質も量も異なる

日本人が比較的得意と言われるリーディングですが、実際には非常に苦労する方もいる分野です。

TOEFLとTOEICのリーディング、どちらが簡単でしょうか?と言われると間違いなくTOEFLの方が量、質ともに難しいです。

TOEICのリーディングは確かに速さを求められますが、対象が広告などの文章で比較的内容の想像がつくものです。熊が聞いた話では、Part7全体で問題も含めると約4000単語程度だそうです。これを30分で解くと、1分あたり130単語程度になります。

ネイティブは250~400単語/分程度らしいので、概ねネイティブの半分の速度ですべての問題を読むことができます。(解く時間を考慮するともっと早く読む必要があります)

一方、TOEFLのリーディングはTOEICより更に高い能力を求めています。量、質ともにです。

内容はアカデミックな内容、ちょうど学部の1年生の教科書と同じくらいの内容だそうです。したがって、ある程度論理的な文章が出てきます。当然、文章の主張を論理的にとらえる必要があり、TOEICのようにさっと眺めて内容の予想がつく感じではあり0ません。

具体的には、地球科学、社会学、ビジネス、アメリカ史、生物学などが対象となるそうです。

量について見てみると、TOEFLでは大問1つで700語、30分ですが、問題が12~13問あり、実際に読むことができる時間は、せいぜい3分から4分程度です。そうすると1分あたり、230語から170語程度となります。

それなりに論理構造を把握しつつこのスピードで読むのは非常に大変なので、問題の解き方などで工夫をして対応することになります。

このようにリーディングは質、量ともにTOEFLはTOEICよりも高い能力を求めています。

蛇足になりますが、TOEFLの内容はテスト対策として思わなければ、興味深い内容のものが多く、ぜひ続きを読んでみたいと思わされるものも多くありました。熊はこのリーディングの勉強は好きでした。

実際の授業を体験するリスニング

TOEICのリスニングというと、ビジネスでのシチュエーションや、日常的な道案内などのシチュエーションが対象となります。

一方のTOEFLは、学校での生活に必要な場面を想定しています。具体的には、教授との相談、学校内での友人との会話、そして授業です。

友人との会話などは比較的TOEICに近いですが、授業の内容はかなり高度になります。

何よりTOEICとTOEFLのリスニングで最大の違いはその長さです。TOEICではメモはなしで、長くても数分のパッセージを聞くことになります。

一方、TOEFLはメモを取ることができますが、授業のものは5分程度の長さになります。

5分間ずっと話を聞いて、それについて質問されるのはしっかりと集中して、かつ聞き取れていないとすぐに置いて行かれてしまいます。

リスニングもリーディング同様、TOEICよりTOEFLの方が高いものを求めています。

ライティングとスピーキング

ライティングとスピーキングは、TOEICにはありません。

TOEICにはTOEIC Bridgeというスピーキングとライティングに特化した試験はありますが、一般的なTOEICにはありません。

一方、TOEFLにはこの二つがあるのです。

熊個人としては、日本人はライティングで比較的高得点を取りやすいと思うのですが、問題はスピーキングです。30点満点で23点をとれたら大満足といった点数だと思います。

難易度はどう違う?

各セッションの違いを見てきましたが、一般的にTOEFLの方がTOEICより難易度は高いようです。

TOEICは990点満点、TOEFLは120点満点の試験です。一応、公式のHPが出している換算表があります。

日本人のTOEICの平均点が500点前後だそうです。これは換算表によると52点程度です。

一般的にアメリカの大学に行こうと思うと、TOEFLで60点前後必要と言われています。意外といけるかな?と思うかもしれませんが、これには落とし穴があります。

熊の経験上ですが、この換算表はTOEICの点数が高めに評価されています。なぜならTOEICにはスピーキングとライティングがないからです。

日本人が比較的得意と言われるインプット系のみだけでTOEICはスコアを出すので、過剰評価されていると思います。実際に熊の周りでTOEFLを受けた人は、やはりTOEICの換算表よりもずっと低いスコアが出ていました。

これについては、別の記事で詳細をお伝えします。

受験方法はどう違う?

受験方法はどう違うのでしょうか? 具体的に見てみましょう。

日程の自由が利くのはTOEFL

TOEICは、時期が決められています。公式スコアと認められる公開試験は年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)に試験があります。日程を受験者の都合で変えることはできません。

一方、TOEFLは個人で日程の調整が可能です。前もって公式HPから申し込めば中12日空いていれば何度でも受けることが可能です。

受験場所はどうなる?

TOEICの受験場所は、最終的には運営側からの指定となります。一方、TOEFLはやはり公式HPで申し込む際に場所を選択することができます。

しかしながら、実際には人気の場所はすぐに埋まってしまいますし、日程がどうしても合わない場合は、多少遠出をしてでも受験することになります。

ちなみに、TOEFLの試験会場は首都圏にそれなりにありますが、場所によってその設備が大きく異なります。

このページなどを参考にどこで受験するかを決めると良いと思います。

試験会場の環境は?

試験で気になるのは試験会場の環境だと思います。

TOEICでは、いわゆる大教室で受けることが多いです。リスニングなど気になると思いますが、細心の注意を払って音量や音質の調整をしてくれている場合がほとんどです。また、場所によって試験に不都合が生じると思えば、頼めば場所を変えてくれるなどの対応を行ってもらえます。

TOEFLでは、コンピュータに向かってヘッドセットをつけて受験をします。リーディングのときは問題ないのですが、リスニングは注意をする必要があります。なぜなら、各PCで異なる開始時間で試験が始まるため、早い人からスピーキングの試験が始まるのです。いくらヘッドセットをしているとはいえ、隣の人がスピーキングを始めるとやはり色々聞こえてきます。

このように試験会場の環境や受け方も大きく異なります。

まとめると

留学の最初の関門であるTOEFLと、一般的によく受けられているTOEICの違いについてまとめました。

  • TOEFLはアカデミック、TOEICはコミュニケーション能力を見る
  • 単語の種類、リーディング&リスニングは量と質が大きく異なる
  • TOEICにライティングとスピーキングはない
  • 難易度はTOEFLの方が高め
  • 受験場所、日程、環境は大きく異なる

 - MBA受験, TOEFL , , , , , ,