熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【MBA留学】一度は見るべき予備校の実績比較。過去の受験生の成績も?!

      2016/01/05

MBAの受験を決めると、英語の壁は非常に大きいです。そんなときにやはり頭に浮かんでくるのは留学予備校の利用です。

現在の留学予備校は様々なサービスと提供してくれるところから、自分の得意なところ、たとえばGMAT、などに特化した予備校があります。これらの選び方については、自分の求めているサービスと実は住んでいる場所、開催時期でかなり制約を受けることをお話ししました。

詳しくは、ぜひ過去の記事、GMAT予備校をMBA受験生の声とともに比較MBA留学予備校種類の比較と特徴まとめをぜひ参考にしてください。
また、留学予備校を利用するメリット・デメリットもどうぞ。

そして実際にいくつかの候補となる予備校を見たときに、どのようなことを見て選択するでしょうか?

やはり気になるのは、過去にどこのMBAスクールに送り出したかという実績だと思います。

そこで、今回の記事では予備校の実績についてまとめます。

予備校の実力を見る方法は?

そもそも予備校の実績とはなにでしょうか? 高校受験、大学受験の例を想像した場合には、おそらく過去の合格実績が思い当たると思います。

過去の合格実績は貴重な情報源

どこどこ大学に何人入学!などと、毎年受験シーズンが終わると、学習塾のエントランスに、合格実績が張られています。

確かに、合格実績は強烈な予備校の実力となりそうです。ですが、同時に入学数がすべてでないことも私たちは知っています。

どんなに合格実績の数が多くても、母集団の数が多ければ当然率が下がるわけです。
また、合格実績でなく合格実績を発表している場合もあります。これは、実際に合格して入学した数ではなく、合格した数です。言い換えるならば、1人の優秀な人が10校受けると合格実績は当然良くなることが想像できます。

では重複を省いた上で、入学した絶対数ではなく、率を見れば良いのでは?と思います。もちろん入学絶対数より幾分正確になるかと思います。

ですが、それでも元々の母集団の数をどうとるかで率はいくらでも変わってきます。5校出したけれども、どこも受からなかった人が母集団に入っているかどうかは、外からはわかりません。

しかしながら、以上のような数字のトリックがあることを考えても、合格実績は非常に強力な実力の証です。

あまり信用しすぎないように、しかし重要な参考資料として用いるのが良いのではと熊は思います。

やっぱり信用できるのは口コミ?

合格実績は重要な資料の一つですが、これだけですべてを語るのは難しいと思います。

そこで他の方法はないかと考えて思いつくのは、口コミだと思います。

IT、そしてソーシャルメディアの発達もあって、現代では口コミは非常に多くの情報を持っています。口コミについては、このブログ一つではなく、様々なリソースに当たってみることをお薦めします。試しに、「○○予備校 評判」などで検索してみてください。様々な検索結果を得ることができます。

そして、熊が一押しする予備校の評判を知る方法が、日本人による各MBAスクールのHPを見ることです。

多くのMBAスクールが、日本人受験生向けに日本語で非公式のHPを運営しています。これは非常に貴重な情報源で、日常の生活情報から、出願に必要な学校の特徴、そして受験体験記が含まれていることがあります。

この、受験体験記が非常に有用な情報源です。

やはり皆さんTOELFにGMAT、非常に苦労しています。そんな方が、勉強はこうした、この予備校のこの先生にお世話になったということを書いています。中には、厳しい指摘を書いていることもあり、どのような特徴の予備校なのか、先生なのかをかなり具体的にイメージすることができます。

留学予備校の合格実績

合格実績資料では異色のアゴス・ジャパン

中でも面白いのが、アゴス・ジャパンの合格実績ではないでしょうか。ちなみに、アゴス・ジャパンのHPで無料の登録をすると見ることができます。必要なのはメールアドレスだけです。

他の学校は合格実績を、合格校の明記のみにしていますが、アゴス・ジャパンの合格実績資料は少し異なります。

ぜひともアゴス・ジャパンの資料を見てみることをぜひお薦めします。

この資料には、受験者のTOEFLスコア、GMATスコアがパート別に、そして経験や業種、もちろん合否の情報もあります。これを見れば、どのようなキャリアの人がどのくらいのスコアでどこのMBAスクールに合格したか、あるいは不合格だったかが概ね見えてきます。

Bloombergなどが出している合格者のGMATスコア分布などの資料も非常に強力ですが、このアゴス・ジャパンの合格実績は日本人のMBA受験者により近い属性での資料なので、より使いやすいと思います。

熊は受験中にこの資料を見つけて、自分が受ける学校がどのくらいのスコアが必要なのか、あるいは自分のスコアだとどこなら可能なのかということを考えるための重要な資料にしていました。

ただの数字の集まりなのですが、TOEFLやGMATのスコアの偏りや経歴などから、どのような人が受けているのかのストーリーを想像することができ、落ち込んだ時にモチベーションを上げるのにも役立ちました。

合格実績を見てみると

それぞれの合格実績を見ていかがでしょうか?

熊個人としては、それほど大きな差が出ないのではないのかなと思っています。細かい差異は見ることができますが、どの有名予備校も、トップスクールへの合格を出していることが分かります。

一見すると見ると、江戸義塾、アゴス・ジャパンのトップスクール合格者の数は多いように思いますが、合格実績の出し方の方針が学校ごとに違いますし、重複カウントなどされている可能性もあるので、一概には言えません。

熊個人の意見では、やはり有名な予備校は合格に十分なサービスを提供してくれているように思います。どこが一番!というわけでなく、どのスタイルかなのかが重要なのだと思います。

有名予備校でも、非常に標準化したサービルを提供しているところもありますし、賛否両論の薬になるか毒になるか、というようなサービスを提供しているところもあります。

最終的には、ある程度の実績がある予備校ならば、この予備校のスタイルは○○、この予備校のこの先生のスタイルが合っているといった、自分との相性が重要なのではないかと思います。

まとめると

なかなか見えにくいMBA予備校の実力ですが、以下は有力な方法です。

  • 口コミ、ネットでのリサーチ
  • 合格実績

予備校選びのポイントはある程度の実績がある予備校ならば、自分に合っているかが重要だと熊は思います。
そして、アゴス・ジャパンの公表している実績データはTOEFL、GMATスコアや経歴と合否があり、非常に有用です。

 - MBA受験, 予備校 , , , , ,