熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【GMAT対策】MBA受験生から聞く生の声 ここで苦労した!

      2016/01/05

MBA受験生が必ず乗り越えなければならない大きな壁、GMAT。

そのGMATを乗り越えるために、GMATの情報や特徴、必要な得点などをまとめました。

前回までで、GMATの概要と、セッション別の説明を行いました。

一般的な説明はしましたが、実際にGMATを受験したMBA生たちはどのようにGMATを感じているのでしょうか? そこから前もって知ることができる学びもあるはずです。

そこで今回は、MBA生に聞く、GMATの特徴や苦労についてまとめました。

問われている能力がわかりにくい

問われている能力が良くわからないという声を聞きます。

Mba.comのHPなどを見る限り以下の能力を測定しようとしていることがわかります。

  • 総合的な論理的思考をすることができる(IR)
  • 論理的思考を表現することができる(AWA)
  • 数学の論理的思考ができる(Math)
  • 言語的な論理的思考ができる(Verbal)

Mathについては、日本人受験生は平均的にできるということもあって、問われている能力が分からないという声を聞くことはありません。また、IRやAWAは、比較的すんなりと受け入れられることが多いようなのです。

問題は、Verbalです。特にSentence Correction(SC)、Critical Reasoning(CR)と呼ばれる分野です。

どうもこのSCについて、簡素・間違いを起こしにくい英語を操るための文法、いわばGMAT文法ともいうべきものを理解することが難しいという声を良く聞きます。これが問われている能力が分かりにくいという声の原因だと思います。

どうしてもビジネス上用いられる文章では、誰が見ても間違いなく意味を読み取れる=誤読を起こしにくい、かつ合理的である=簡素であることが求められます。この文法と普段私たちが用いている英語の文法の間に乖離があるのが問題のようです。ですが、裏を返せばそのルールを乗り越えさせすれば、比較的高得点を出しやすい分野でもあるという意味でもあると思います。

そしてCRは問題形式の慣れ、思考パターンの慣れが必要です。今までそういった思考のフレームワークを常に持っていた人なら比較的すぐに対応できるかもしれませんが、多くの方が苦労されるというのが現実だと思います。

速さとボリュームが段違い

Verbalの試験を始めて受けてみて、ほとんどの方が思うのが、とにかく時間がない!ということだと思います。

TOEFLでそれなりに英文を読んで、ある程度の自信がついてきたところに、VerbalのReading Comprehensive (RC)、そしてCritical Reasoning(CR)が大きな壁となって立ちはだかります。

人によってかける時間は変わってきますが、例えばTOEFLは600~700wordの文を回答も含めて20分で進めます。1分当たり35wordです。一方、RCは350word弱の文章を3~4題、1題あたり回答も含めて3~5分といったところだと思います。1分あたり100word程度となります。時間換算で見ると3倍程度の時間で処理をする必要があるということです。この結果、10秒読んで慣れないトピックだったら1問は捨てるといった対策が必要になってきます。

このほかに、SCも一問2分程度、CRも3分程度で解いていく必要があり、そのボリュームと求められるスピードに慣れるまでがとにかく一苦労します。

スコアと感覚が異なることがある

前回の記事でも指摘しましたが、実際のスコアとこれくらいはとれているだろうというスコアが一致しないことが非常に多いです。

熊個人はCAT(Computer Adaptive Testing)方式のためだと思っています。

CATは正解の回答が続くと問題の難易度が上がり、不正解の回答が続くと問題の難易度が下がるシステムです。そのため問題が簡単だなと思うと、それは前の問題で不正解を続けたために問題が簡単になったということで、スコアは低くでると思います。逆に、問題が難しいなと感じたら、それは今までの回答が正解してきたということです。

Mathについては、この感覚は比較的スコアと一致すると思います。問題はVerbalです。

Mathは、日本人は比較的得意なので、問題の正解不正解も、難易度も概ね適切に言い当てられます。一見簡単に見える問題でも、これはひっかけだな、などと判断できます。しかしながらVerbalは、問題の難易度と正解・不正解の判断も正確に行うことが難しいことが多いのだと思います。ですので、一見簡単な(だけれども実は難易度は高い)問題などにあたってしまうと、途端に自分の居場所が分からなくなってくるのだと思います。

Verbalの対策の立てにくさ

上記に関連しますが、スコアと感覚が一致しにくいため、対策が立てにくいということがあると思います。

まず、スコアからどの問題が合っていたかどうかが分からないので、現状分析に非常に苦労します。また、問題も難易度が高いものから低いものまであり、どれが出来ていないのかを把握する必要があります。そのため、対策が立てにくいのだと思います。

実際には、テストは本当に結果だけで、普段の問題からどの問題ができていて、どの問題ができていないのか、その根本的な原因を深堀する必要があります。

まだSCは自分の判断を紙に書いて再現することがしやすいため、比較的自分の弱点をつかみやすいのですが、RCはどこが読めていなかったかを判断するだけでも一苦労となります。

これが、多くのMBA受験生がGMATを好きになれない理由の一つだと思います。

勉強してもスコアが確実には上がりにくい

上記に同様に関連しますが、対策が立てにくいと何が問題かというと、スコアが確実には上がらないのです。

問題演習をしているので、ほんのわずかづつだとは思いますが、力はついているはずです。

ですが対策を立てるのが難しい上、本番の時の解き方や体調で点数がかなり上下するため、本当に力がついているのかが非常に分かりにくいと思います。そこへきて、スコアが上がらないとなると、精神的な負担も非常に大きいです。特に、最後の最後で出願した後に、スコアを上げるために受けている場合などは本当にラストチャンスです。そういったときに、スコアが感覚とは違って上がらなかった場合は、ただでさえ追い込まれている状況に更に拍車がかかります。

ですが、逆に本番の体調が良い、解き方の方針を変えるなどの対策を立てた場合、突然150点上がるということもあり得ます。実際、様々なブログなどを見ても、最後の最後で100点以上あがりました!といった報告も見られます。

このように、確実にスコアが上がりにくいという特徴がGMATをより苦しいものにしている原因の一つだと思います。

本番に近い状況が少ない

TOEFLなどでは、多くの問題集が発行されています。オフィシャルの問題集もそれなりの問題量があり、一通り解くだけでもかなり時間がかかってしまいます。

ところがGMATはこの問題量が極めて少ないのです。オフィシャルで出ている問題集は数冊だけです。複数の出版社からGMATの問題集は出ていますが、熊個人の感覚ではTOEFLなどに比べると、本番の問題とはやはり違うなと思っています。

予備校は過去に公開されていた実問題を用いているようですが、それはペーパーベースの時代の時のものです。方針などは大きく変更はされていないと思いますが、やはりコンピューターで実際と同じ状況で練習することにはなりません。

ということで、本番と同じ練習をする回数が極めて限られるという特徴があります。

まとめると

GMATを実際に受けたMBA生に聞いたGMATの特徴まとめました。

  • 問われている能力がわかりにくい
  • 速さとボリュームが段違い
  • スコアと感覚が異なることがある
  • Verbalの対策の立てにくさ
  • 勉強してもスコアが確実には上がりにくい
  • 本番に近い状況が少ない

今後のGMAT対策に役立てば幸いです。

 - GMAT, MBA受験 , , , , ,