熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

【MBA】予備校種類の特徴と比較【まとめ】サービスと場所一覧

      2016/01/05

MBAに限らず、留学を決意して一番に気になるのは英語力です。学部や大学院の入学願書には必須のTOEFL、IELTSの試験が大きな課題です。

また、実際に出願するとなると多くのことを考えなければなりません。そもそもどの学校を受けるかの受験校選択から、出願書類の作成、エッセイやインタビューなどです。

海外の大学は日本の大学以上に多様化しています。その大学が自分にフィットしているかどうかを見極めるのは日本からでは容易ではありません。エッセイやインタビューなどは、日本ではあまり聞かないシステムで、どこにノウハウがあるのか不安だと思います。

そこで、考え始めるのは留学予備校の活用です。

以前の記事では留学予備校を利用することのメリットとデメリットについてまとめました。

過去記事:留学予備校を活用すべき?メリットとデメリットのまとめ

今回は更に話を深めて、MBA留学予備校ではどのような選択肢があり、どのような特徴があるのかについて、ネットの情報に加えて、熊や友人らの情報もまとめてお伝えします。

なお、どうしても主観的な部分が入ってしまう点、月日と共に情報の鮮度が失われてしまう可能性がある点はご了承ください。

各予備校の提供サービスと場所の一覧表:TOEFL、GMAT、エッセイ、インタビュー

各予備校が提供してくれるサービスは大きく分けて4つ、TOEFL対策、GMAT対策、エッセイ対策、インタビュー対策です。

しかしながらすべての予備校が4つのサービスを提供してくれるわけではありません。一部の予備校は特化したサービスの提供を行っています。

そこで各予備校の比較をするために、下の表に各予備校が提供しているサービスと場所の一覧を示します。

留学予備校の提供サービスと場所の比較

留学予備校のサービスと場所の比較

提供しているサービスで考えると、アゴス・ジャパン、Interface、イフ外語学院、濱口塾、江戸義塾が総合型のサービスを提供しています。TOEFLから、GMAT、インタビューにエッセイとすべての必要なサービスと網羅しています。特に、アゴス・ジャパン、イフ外語学院については、東京と大阪で授業を開催しています。

続いて、AFFIANCE、MeisterはGMAT特化型になります。当然、GMATに特快しているので、その評判には目を見張るものがあります。

更に特化したものとして、Y・E・Sと通称マスアカことインターナショナルマスアカデミー、TOEFL Writingの添削サービス、そしてET4Gがあります。Y・E・S はGMATの中でもSCと呼ばれるパートと文法(TOEFLにもGMATにも適用可)、インターナショナルマスアカデミーはGMATのMath、Jack/John、Dr.WriteはTOELのWriting添削、ET4GはTOEFLのスピーキングのみに特化です。

熊の周りの評判を聞く限り、これらの専門に超特化型の予備校の授業は非常に良い評判です。

最後に、勉強する方式で異色なのがWeb TOEFLではないでしょうか。すべてWebでの授業となります。

通学か通信か、場所はどこか?これだけで留学予備校は限られてくる

かなり様々な特色がある留学予備校ですが、どこを選ぶか悩んでしまいますね。ですが、実際に授業を受けることを考えると様々な制約がでてきてしまいます。

まず、これだけ多くある留学予備校ですが、総合型の予備校でも東京と大阪(神戸)でしか授業を行っていません。特化型、超特化型の予備校については、東京のみでの授業となっています。

もちろん、超特化型の予備校などは新幹線でわざわざ通ってくる人もいるくらいらしいので、それをいとわなければ問題ありません。ですが、実際には多額の費用と時間を必要としてしまうため、なかなかYESと言える人は少ないのではないのでしょうか。

となると、通学が難しい場所に住んでいる方に選べる選択肢は、必然的に総合型ではアゴス・ジャパン、イフ外語学院、特化型ではWeb TOEFLになります。ただし、超特化型でもTOEFLのWritingの添削サービスは通信のみとなります。

更に、東京か大阪かでも選択肢に違いがでてきます。東京では、総合型、特化型、超特化型のすべてを選ぶことができますが、大阪では総合型と超特化型の添削サービスのみ選択することが可能です。特化型、超特化型の予備校も選べないことはないのですが、新幹線などの移動が必要となってしまいます。

これだけ東京に予備校が集中しているのは、それだけ東京にニーズが集中しているということの裏返しかもしれませんが、現住所でかなりの制約を受けてしまいます。

まとめると

MBAのための留学予備校は、提供するサービスで分類すると以下の4つになります。

  • 総合型(例:アゴス・ジャパン)
  • 特化型(例:AFFIANCE)
  • 超特化型(例:Y・E・S)
  • 通信特化型(WebTOEFL)

更に、授業のたびに長距離の移動をすることを考慮しないならば、予備校の選択肢は限られてきます。現住所により受けることができる留学予備校のサービスが決まってきます。

  • 東京都心部にすぐ行ける人 → すべてのタイプのサービス
  • 大阪都心部にすぐ行ける人 → 総合型、通信特化型、超特化型の添削サービス
  • 上記にすぐに行けない人 → 総合型の通信、通信特化型、超特化の添削サービス

MBA留学に興味があるあなたへの記事はこちら

MBAの予備校を利用することで得られるメリットとデメリットについて

Study2留学予備校を活用すべき?メリットとデメリットのまとめ
MBAの留学の決意を決めたら、早速取り掛かるのが英語の勉強だと思います。 そして検討を始めるのが留学予備校の活用です。MBA留学まで...

MBAを成功させるための理想的なスケジュールを詳細に説明
calender_takujouこれで合格!MBA受験で満足の行く結果を出すためのスケジュール
MBA受験を決意すると、様々なことを準備しなければなりません。TOEFL対策に、GMAT対策、エッセイにインタビューととにかく準備すること...

GMATで700以上を目指す方へ送る最短の6ステップ
20150926_fire【GMAT対策】700以上を目指す方への最短到達6ステップ
MBA受験を志し、乗り越えるべき壁の一つがGMATです。 しかしながらこのGMAT、留学仲間に聞いても、みな苦労しています。そんな苦労と...

GMAT予備校とTOEFL予備校の違いの具体的なまとめ
benkyou_classroomTOEFL予備校のメリット・デメリット。GMAT予備校との違い
TOEFLの点数を効率的に上げたい!と思うと、予備校の利用を考える方が多いと思います。予備校や塾に行けば、ぐっと得点が伸びる気がしま...

MBA留学や受験に関連する記事のまとめのページ
chizu_color熊のカリフォルニアMBA留学記
理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

 - GMAT, MBA受験, TOEFL, 予備校, 受験校探し , , , , ,