熊のカリフォルニアMBA留学記

理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

*

情報を制する者はMBAを制する!? 困ったらここへ。情報源一覧 前編

      2016/01/05

現在のビジネスは人、モノ、カネに加えて、情報の時代です。

情報を制する者は、MBAを制すると言っても過言ではないでしょう。

それくらい、しっかりとした情報収集と、対策にかける時間をエネルギーの確保が何よりも重要です。ところがMBAの情報を探してみると、意外と少ないな、というのが現状ではないでしょうか。

実際熊がMBAの情報を探した時にも、とにかくどの情報がどこにあるのか、これだ!と思う情報にたどり着くまで時間がかかるときがありました。

後になってみると、「まぁあるとすれば、そこにあるよね」と納得することも多いのですが、当時はすぐには気づきませんでした。

そこで、どんな情報がどこで得られるかをでまとめます。

長いので前後編です。

出願および英語テスト対策は留学予備校、HPへ

英語・出願対策は、合否情報と実績と持つ留学予備校へ

MBAを受験して一番に気になるのは、英語だと思います。

英語に関してはやはり留学予備校が多くの情報を持っていると思います。彼らもそれを専門で行っているので、テストを攻略するための正攻法から、テクニカルなもの、あるいは裏ワザのようなものまで、様々教えてもらえます。

加えて、出願関係です。出願に関するスケジュール管理から、出願書類の書き方などは、留学予備校がやはり教えてくれます。熊は出願パックというサービスを購入し、エッセイ、インタビュー対策などとセットで出願対策支援のサービスを購入しました。

どれも、自分で頑張ればできなくはないのですが、時間がない中、これが正しい、いやこちらが正しいと迷うことなく、効率的に処理することができまし。おかげで英語に集中することができ、購入して良かったと思います。

また大手の学校は、学校の合否情報、過去の様々なケースを知っているのが強みです。このバックグラウンドでこのTOEFL、GMATの得点ならこのくらいだろうという情報を持っています。また、一部はインターネットで公開もされています。

学校情報は基本的に自分で!自分の欲しい情報を探そう

学校情報はある程度は教えてもらえますが、基本的には自分で探してみるのが一番です。

各学校のオフィシャルHPは当然英語ですが情報が充実しています。出願の締切、エッセイのお題などもオフィシャルHPが一番確実です。また、MABスクールの多くはボランティアで日本人MBA生が日本語ページを立ち上げている場合があります。これを利用しない手はないと思います。

やっぱり気になるランキング。会社によっては制限も

今後の転職を考える方、社内のルールでランキングによる受験校の制限があるなどの理由で、ランキングが気になる方もいると思います。

その方は各評価機関のランキングを確認されるといいと思います。ランキングは複数の機関、主に新聞系、が発表をしていて、主に、現役生、卒業生、MBAを雇った会社、コミュニティなどからのフィードバック、MBA取得前と取得後の昇給率などによって評価されます。

それぞれの機関によって、評価方法に違いがあります。ある機関は、雇った会社の声を重視しますが、他の機関は昇給率や就職率を重視するといった具合です。このためランキングも上下しますので、どの機関がどの評価ポイントを重視しているか確認をすることが重要です。

具体的には、The Economist, Financial Times, Bloomberg、US Newsなどがメジャーだと思います。

なお、MBA以外のスクールも評価対象としている機関もあります。

各学校の雰囲気と校風を知りたい!学校説明会

各学校の雰囲気と校風を知りたいと思ったら、学校説明会がお勧めです。

入学審査官と直に話をすることができる機会!

もちろん日本であるものでご安心ください。学校説明会はアドミニが公式で行っているものと、日本人卒業生や在校生が自主的に行っているものがあります。アドミニが公式で行っているものには、アドミニの審査官が参加して、学校の特徴や出願のポイント、欲しい学生像などを説明してくれます。審査官が参加しているので、気になっている質問があった場合、正式な返答を得ることができます。日本人卒業生が行っている説明会の場合も、説明してくれる内容は大きくは変わらないと思います。

また、説明会に出席した際、メールアドレスを登録しておくと、学校からのオフィシャルの情報をメールで配信してくれる学校もあります。

さて、これらの学校説明会ですが、悲しいことにすべての学校が行っているわけではありません。やはり、日本人卒業生がそれなりの人数がいないと開催が難しいこと、小さい学校では参加者がそろいにくいのではないかというのが熊の推測です。逆に超有名校でやっていない学校もあります。

パンフレットでは伝わらない文化や雰囲気がわかる

この学校説明会、受験するならば必ず行くべきだと熊は思います。

学校の概要説明や特徴などを知ることができることは勿論ですが、何より学校と卒業生の文化や雰囲気を知ることができるからです。

日本の大学でも東京大学と京都大学のカラーは違いますし、慶應大学と早稲田大学のカラーはやはり違います。パンフレットなどで言葉で明確にこうだ!と言っている学校もありますが、やはり卒業生に合って話を聞いてみるのが文化や雰囲気を知る良い機会だと思います。

実際、熊もいくつか行ってみて、ここは何だかあわないな~というところや、絶対に行きたい!と思わせる学校がありました。

非常に濃い情報を得ることができるお勧めのイベントが学校説明会です。さて、その学校説明会開催の情報を得るにはAGOSのイベントカレンダーがまとまっていると思います。こちらを定期的にチェックすると良いと思います。

一度に多くの学校を見ることができるMBAツアー

上記では、生の情報を得られる学校説明会についてまとめましたが、学校説明会を行っていない学校もあると書きました。では学校説明会を行っていない学校は説明会を行っていないのかというと、必ずしもそうではありません。

World MBA TourQS MBA Tourなどに参加して、多くの学校と共に世界中を回っている学校もあります。

MBAツアーの良いところは、多くの学校を一度に見ることができることです。

各学校の学校説明会では、多くの情報を得ることができるのですが、その分どうしても時間がかかります。1校2~3時間で、移動時間を含めると4~5時間かかってしまいます。これが10校あると40~50時間です。

MBAツアーでは、これを1日から数日で行います。主に、平日だと夜、あとは土日に行われることが多いようです。

パネルディスカッションや業界の傾向などの関連イベントも

MBAツアーでは、学校の説明だけでなく、アドミニのパネルディスカッションMBA業界の最近の傾向TOEFL対策などのイベントが盛りだくさんです。

熊が行ったときはホテルで開かれていましたが、多くの方がアドミニと近い距離で質疑応答をしていて、熱気にあふれていました。いいことづくしのMBAツアーなのですが、ランキング上位の有名な大学は比較的個別に学校説明会を行く、あまり参加していないことが多いように熊は感じます。

まとめると

MBAの情報元は多岐に渡っているので、どの情報をどこから得るのか効率的に活動することが重要です。前編として以下があります。

  • 英語テスト対策 → 留学予備校
  • 出願情報・スケジュール対策 → 留学予備校
  • 学校の校風・特徴 → 学校説明会、MBAツアー

後編のMBA生ブログ、キャンパスビジット、会社の先輩に続きます。

search情報を制する者はMBAを制する!? 困ったらここへ。情報源一覧 後編
現在のビジネスは人、モノ、カネに加えて、情報の時代です。 情報を制する者は、MBAを制すると言っても過言ではないでしょう。 そ...

 

MBA留学に興味があるあなたへの記事はこちら

MBA留学や受験に関連する記事のまとめのページ

info熊のカリフォルニアMBA留学記
理系の熊がカリフォルニアで七転八倒したMBA留学の記録(ブログ)です

MBAの予備校のサービスや場所についての徹底比較
chizu_color【MBA】予備校種類の特徴と比較【まとめ】サービスと場所一覧
MBAに限らず、留学を決意して一番に気になるのは英語力です。学部や大学院の入学願書には必須のTOEFL、IELTSの試験が大きな課題です。 ...

国内のMBAと海外のMBAの違い。その1として授業で用いる言語や授業内容、入試制度や難易度の違いについて
school_test_seifuku_girl違いを徹底比較。国内と海外MBA。言語・授業内容・入学試験編
経営を学ぼう!と思うと、一番に思いつくのはMBAの取得だと思います。 MBA取得を目指し経営を学ぶことで、経営層の考えが分かる、一...

MBAを成功させるための理想的なスケジュールを詳細に説明
calender_takujouこれで合格!MBA受験で満足の行く結果を出すためのスケジュール
MBA受験を決意すると、様々なことを準備しなければなりません。TOEFL対策に、GMAT対策、エッセイにインタビューととにかく準備すること...

GMATで700以上を目指す方へ送る最短の6ステップ
20150926_fire【GMAT対策】700以上を目指す方への最短到達6ステップ
MBA受験を志し、乗り越えるべき壁の一つがGMATです。 しかしながらこのGMAT、留学仲間に聞いても、みな苦労しています。そんな苦労と...

 - GMAT, IELTS, MBA受験, TOEFL, 予備校 , , , , , , , , , ,